日本語版フィッシングに気をつけろ
こんにちは。フランク・アバグネイルです(ウソ)。

ちょっと前になりますが、こんな記事がありました。

日経 IT PRO [2004/11/18]
国内ユーザーを狙ったフィッシングが続出,アドレス・バーを偽装する場合も

VISAの場合のウィンドウを拡大してみてください。こんな日本語に騙される人はいないと思うぞ。

一方、Yahooの場合はどんなウィンドウになっているか示されていないんですが、アドレス・バーを偽装するらしいです。アドレスが違うことで判断できると思っていたのですが、それが効かないとなると、目を皿のようにして少しでも怪しいところがないか注意する必要がありますね。いちいち電話で確認したほうがよいかもしれません。

[追記] ハリーさんから情報を頂きましたので、ここにもあげておきます。
ITMedia 2004/11/11アドレスバーの偽装方法と偽装を見破る方法
-- この記事も 「先生! ズラずれてます」って笑えます。

いずれにせよ皆さん気をつけてくださいね。この記事も本当は誰が書いたか分かりませんよ。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-11-23 14:31 | 生活
<< 著作権の話(4) 写真はコピー Web CM あれこれ >>