カステラ一番は何?
おはようございます。原田知世です(ウソ)。

先日「NAGASAKIさるく」という冊子が送られてきました。発行は長崎市で、長崎さるく博’06というイベントのプロモーションのようです(右はマスコットキャラクター)。

ちなみに、「さるく」というのは長崎弁で、「ぶらぶら歩き回る」という意味。"stroll"と「あるく」の合成が語源らしい(おもいっきりウソ)。

特集は「長崎カステラ大研究」。カステラのルーツを探る、「別立法」と「共立法」という2つの製法、製造工場見学など。

そのなかで「全国のカステラ食べ比べ」というのがおかしかった。ということで、「ぼちぼち行こうよ」(cosicosi3さん)の魅惑の桃カステラへのトラックバックです。

みそカステラ: 意外といける。日本人だと口にあうらしい。

紅芋カステラ: 蒸しパンみたい。イモ独特の粘りもある、って微妙な感想。

ひじきカステラ: 磯の香り、ぐにゃっとした感じ。少々強引すぎるようです(笑)。

あと、試食の感想はありませんが、卵のカラに入れて焼いたものもありました(たぶんこれ)。cosicosi3さんのところでは、挽き茶カステラ、チーズカステラなんて出てましたね。

さて、食べ比べの結論は... 「やっぱり、カステラは長崎でしょ」。まあ反論はしませんけどね。

特集には小ネタもあって、その中に「カステラと相性のいい飲み物は?」というのもありました。安心して下さい、牛乳もありましたよ。

うまいカステラ食べたくなりましたよ。
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-05-22 11:06 | 生活
<< 文体の統一 だんだん変わっていってもOK >>