靖国参拝は公約だったのでは?
おはようございます。運動会日和ですね。

相変わらず論理に弱いとこ見せてますな(過去の投稿)。ケンカには強いのだろうけど。

NIKKEI.NET 2005/9/30 首相「靖国参拝、なぜ憲法違反か理解に苦しむ」
首相の職務として靖国参拝しているわけではない。
って、靖国参拝は「公約」って言ってますよね。私的な行為だったら公約にはなりませんよ。

追記: 「理解に苦しむ」って、一所懸命理解しようとして考えて、それでも分からなかったときに初めて使ってくださいよ。

追記: あざらしサラダさんは「▽法治国家から放置国家へ」において、憲法第99条「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。」を引用し、遵法精神に関して問題視されています。「靖国参拝」のことを直接批判しているのではなく、司法に「憲法違反」と判断されたことを尊重しない姿勢に対する批判です。

追加トラックバック
寝言日記さん: 公約だったのでは???
  -- えーと、同じ発言に対してじゃないんですが。姿勢は変わりませんな。
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-10-01 06:49 | 日本
<< PRESIDENTの特集「書く技術」 初年度黒字にどれだけの意味が >>