こんな写真を作ってみたい
こんにちは。カメラ小僧です(ホントにウソだからね)。

Folksonomyのことを考えていて、はてなブックマークを見ていたら、こんな記事が上位にありました。

10枚の「ゴッサム・シティ東京 」 (PingMag 2006/4/13)

露光を違えて撮った写真を合成することで、暗い部分もハイライトの部分も潰れないようにディテールをくっきり見せる技術。HDRイメージ(High Dynamic Range)というそうです。

デジタルArena 実践テクニック「画像合成でダイナミックレンジを広げる(1)」に作り方が書いてあります。その記事によると、その機能が組み込まれたデジカメもあるそうですね(例えば三洋電機のDSC-MZ1)。

また、そのためのソフトもありました。その名も、「イメージアシスタント Vol.3 ダイナミックレンジ拡大」

最初の記事で紹介されている、こちらも魅力的。
10枚の「小さな東京」 (PingMag 2006/3/7)
本物なのにミニチュアに見える写真。なぜわざわざ、って気もするけど、ミニチュアを作るのにもお金いるしね(え?)。もともとの写真(例えば、本城直季氏の作品)は、高価なレンズを必要とするらしいですが、画像処理でここまでできることを示しています。これはやっぱりもうちょっとという感じがします。

もっとたどっていくといろいろありそうです。Folksonomyのこと忘れそうですよ。
[PR]
by yoshihiroueda | 2006-04-15 13:04 | カルチャー
<< 異業種を比べるのに何の意味が タグについて、グダグダと >>