森村泰昌のこと
おはようございます。マネです(ウソ)。

パロディとオマージュのことを考える上で森村泰昌は避けて通れませんね。
  
左はマネ。右は森村泰昌。森村泰昌が扮装して写真に写っているものです(ここでは召使いも森村泰昌)。それぞれリンク先にもう少し大きな画像があります。

森村泰昌は、ご存知の方も多いと思いますが、1980年代から様々な絵画の情景に合わせた扮装をした写真作品を発表している芸術家です。マリリンモンローやオードリーヘップバーンなどの女優に扮した作品も多くあります。

「森村泰昌」芸術研究所 -- ギャラリーMに有名なゴッホの自画像をはじめとていろいろな作品があります。

今回調べて知ったのですが、以下のような連載がありました。制作過程も見れますよ。
「美しい」ってなんだろう? / 美術のすすめ - 森村泰昌

第4回で、「まねぶ」と「まなぶ」と「まねる」の関係が示されています。

さて、これって盗作とは言えないですよね。パロディでしょうか? オマージュでしょうか?

過去の投稿: 著作権の話(4) 写真はコピー (2004-11-28)

関連リンク:
松岡正剛の千冊千夜: 第八百九十夜 『芸術家Mのできるまで』森村泰昌
[PR]
by yoshihiroueda | 2006-06-14 05:13 | カルチャー
<< エキサイトブログはなぜ他と違う... パロディとオマージュ >>