許せん
まだ背後関係は分からないのですが、許せません。

長崎市長:銃撃され心肺停止…選挙事務所前 男を逮捕 (毎日新聞 2007年4月17日 → 魚拓)

このニュースを聞いて最初に思い起こされるのは、前の市長本島さんのこと。まだご存命だったんですね。

長崎市長銃撃:「2代続けて銃撃は異常」…本島・前市長 (毎日新聞 2007年4月17日 → 魚拓)

ここには書かれていませんが、本島さんは、天皇の戦争責任について言及したのでした。言い方は覚えていませんが、当然あると考えているということを表明したのでした。

長崎市長は平和を希求する人でないとなれません (以前の記事: 長崎市長という仕事)。どういう理由であれ暴力は許せませんが、このような暴力による言論の封殺は特に許すことができません。この前の加藤紘一氏の実家の放火に対して、マスコミの論調はあまりつよくなかったように思います。マスコミ同士の非難合戦などやっていないで、力を合わせて糾弾してもらいたいと思います。

追記: 日本中の人々の願いにもかかわらず、18日未明なくなられました。ご冥福をお祈りします。
[PR]
by yoshihiroueda | 2007-04-17 23:23 | 平和への祈り | Comments(4)
Commented by sprewell8_daisuki at 2007-04-18 09:17
なんか異常な事態ですよね・・・。
広島は原爆で住民が沢山亡くなった後に●力団が入り込んできたと聞いたことがありますが、長崎もそうなのでしょうか?
Commented by raphie at 2007-04-18 16:22
まだはっきりしないことが多過ぎますが、新聞サイトでここまでの状況を見る限り、ヒロさんの仰るところの(そして私も全く同意するところの)長崎市長としての職責や言動によるものが原因ではなさそうな、何とも下らない容疑者の思い込みと逆恨みのように思えることに、怒りとも悔しさともつかない無念の思いを感じます。在外邦人はこの長崎が立ち向かう問題に対して、国内以上に二極化する傾向があるように感じますが、どちらの側に立つにしても長崎からの発言には非常に重い意味があるのだと思っています。そして、外務省との調整ではなく、長崎の声を直接アメリカに、海外に伝えるカリスマのあったこの方が亡くなられた損失は計り知れません。次期市長になられてもそうでなくても、大切な方でした。本当に悔しいです。
Commented by yoshihiroueda at 2007-04-19 00:11
★ すぷりーさん、
昔は暴力団のことは聞いたことがありませんでした(私が知らなかっただけかも)。その後、暴力団が進出したという話を聞いたのですが、そのとき長崎にいた弟によれば、長崎のようなのんびりしたところでは暴力団は定着しなかったということだったんですが...
Commented by yoshihiroueda at 2007-04-19 00:56
★ らふぃさん、
以前の記事でも書きましたが、長崎には平和を受け継いでいくという意志があります。意志が受け継がれているからさらに次代に受け継がれていくのです。長崎市長という仕事はただの地方都市の首長であるというだけでなく特別な役割をもつ存在で、伊藤市長は特に世界への発信で貢献のあった方だと思います。本当に惜しまれます。
本当にただの逆恨みだったのかというのは私は少し疑問に思っています。この兇弾が次の市長への暗黙のメッセージを狙っているとしたら... 断固とした対応を望みます。
<< 新市長田上氏に期待 不思議な砂 >>