ようやく知花くららに慣れてきたと思ってたのに...
... また慣れるのに時間がかかりそうだ。
[PR]
by yoshihiroueda | 2007-05-31 07:29 | カルチャー | Comments(6)
Commented by colortail at 2007-05-31 17:43
いまだに知花の読み方なんだっけ、って思ってるのに・・・
今回の方のお顔を見て・・・アイメイクがかなりしっかり黒々されているので、
ああするとなんとなしに国際的に見えるなぁと・・・。やってみよかな(土台からして、無理。
Commented by sofia_ss at 2007-05-31 19:09
国内予選から見てたのですが
なんとなく納得できんのです^^
私にゃカンケーのない世界だ・・と思いつつも
気になる。
アレでいいのか・・・
Commented by yoshihiroueda at 2007-06-01 07:38
★ からーさん、
メイク落とすと本当は違和感ないのかもしれませんね。国際的には受けが良くなっても国内で評価がおちたら仕方ないので、真似しない方が良いと思います。
Commented by yoshihiroueda at 2007-06-01 07:43
★ そふぃあさん、
国内予選でも世界大会で勝てることが審査基準になっていたのかもしれませんね。でもそうすると我々が国際的な評価基準についていけていないのか、国際的な評価基準の方がへんな(といっちゃ失礼だけど)方向へ行っちゃっているのか...
Commented by raphie at 2007-06-05 10:37
日本や日本の様々なファクターが世界からどう見られているのか。その基準は日本人が良いと思うものと同じなのか、初めて気づかれた方が多かったのではないでしょうか。「世界の基準がどうかしている」という前に、どう見て欲しいのか、日本人は何を美しいと思っているのか、一度でも声を大にして、プライドを賭けて、日本のスタンダードが何たるかを世界に発信したことはあったのか。そう考えると、この話題が女性の美の基準だけに留まるはずは、到底ないわけで…。今回の日本国内での反応を見ていて、そんなことをふと感じました。
Commented by yoshihiroueda at 2007-06-07 06:09
★ らふぃさん、
なるほど、あまり認識していなかったのですが、この前のCOURRiER Japon「世界が見たNIPPON」にもつながる話なんですね。
http://ryokan.exblog.jp/5565902/
でもね、この場合でいえば「これが日本の美人だ」と声高に主張する必要はないと思うのですよ。そうすると他の文化面でも、私達はこれが好き、で十分なものも多いと思います。一方、日本の文化で主張すべきものも確かにある。前回コメントで書いた、MOTTAINAIの精神とか、宗教や他の文化に対する寛容性など、世界に真似してもらいたいものがその一つでしょう。もう一つは、クジラを食べることなど、別に真似しなくても良いけど、ひとつの文化として排斥しないでもらいたいものがあると思います。
<< 名前を変えれば違う会社 自殺してまで... >>