今回最も大きな敗北を喫したのは...
... 公明党じゃない?

事前の予測では揃って13議席だった。ということは組織票で計算が可能だったということ。

計算が狂ったのは、「組織」から見放されたのか、「組織」自体が弱体化しているからなのか。

ただ政権与党内にいることが目的になって、自民党のためだけの存在になっているとしたら、「組織」の期待に反しているといえるだろう。といって「組織」の期待に応える政治をされては困るのだけれど。
[PR]
by yoshihiroueda | 2007-08-01 02:09 | 日本 | Comments(6)
Commented by nsudou at 2007-08-01 02:18
負けの与党。
勝ちの野党。
の縮図の後に、自民党対民主党の2大政党制。
しかし、ここ10年以上は自民党って感じするけど。

違うかな?
Commented by yoshihiroueda at 2007-08-01 07:54
★ nsudouさん、
二大政党制って、どちらを選んでもそう変わらない政党が二つあって政権が交替して行くってことなので、10年くらいではそうならないでしょうね。なんといっても自民党はブランドだと思いますよ。
Commented by tosh3141 at 2007-08-01 09:46
こんにちは
公明党、選挙区で2勝3敗の勘定になるでしょうか。13は比例区の草川昭三さんを含めた皮算用だったと思いますが、この草川さんの個人得票が4万に届かないという結果が、もう過去の人だという点を割り引いても、組織以外からもそれなりにあったこの党への期待や評価が全然ないことを語っているような気がします。
Commented by panchan1121 at 2007-08-01 18:33
最盛期は、「組織」外からの候補者擁立などに取組んでいたように思います。
「新進党」分裂以降は、「組織」主体にもどったのが現在なんでしょうか。
そう考えると、この結果は、「組織」の人数からは合わないかも。
Commented by yoshihiroueda at 2007-08-02 07:29
★ tosh3141さん、
公明党 = 組織票、というイメージしかもっていなかったのですが、考えればそれだけで十分な票がとれる訳でもないんですね。確かに「平和」とか「幸福」とかスローガンを見る限りでは魅力があります。そうすると自民党への批判が、それを支援する公明党への批判につながっているということなるのかな。
Commented by yoshihiroueda at 2007-08-02 07:33
★ panchan1121さん、
タレント議員みたいな話題がありませんものね。確かに松あきらはいるけど、もう宝塚だったことも忘れられているかもしれません。
<< 雷鳴かと思ったら... 民主党はこれから正念場 >>