ビル・ゲイツの顔写真
こんばんは。"Touch My Body" (YouTube)に出てくる妄想カスタマーエンジニアです(ウソ、って長いよ)。

a0022216_2345129.jpg「ハッカーと画家」の中にビル・ゲイツの顔写真として右のような写真が使われていた。

なんでこんな写真?と思っていたのだが、「はじめに」の前に「読者への注」という文章があって、こう書かれている。
残念なことに、マイクロソフトのPR事務所は第5章を読んだ後で、彼らが保持するビル・ゲイツの写真の写真を使う許可を与えてくれなかった。代わりに92ページの写真を提供してくれたアルバカーキ警察に感謝する。
交通違反したときの写真らしい(出典 - 写真もここから引用していますが、検索するとたくさん出てきます)。

アッップル社が、何かの開発コードで「セーガン」というのを使っていたのを、カール・セーガンから抗議を受けて、「間抜けな天文学者」に変えたという話を思い出しました(注: Wikipediaによれば、"BHA" = "Butt-Head Astronomer" ということらしい)。

補足: 第5章には、今後ソフトウェアの主戦場が、Windows上のアプリケーションから、サーバアプリケーションに移って行くという観測が述べられている。
[PR]
by yoshihiroueda | 2008-05-12 00:09 | カルチャー
<< iPodのイヤホンがからまない... 脱出ゲーム >>