そして"We"は"アメリカ全国民"の意味になった
おはようございます。

オバマ当選はもう揺るぎないものと思っていたので、そのニュース自体には感慨を受けなかったのですが、下記を読んで当初の期待を思い出しました。

404 Blog Not Found:惰訳 - Barack Obama's acceptance speech in full

"Yes We Can"の"We"は、オバマ支持者、民主党支持者から、アメリカ全国民の意味になったんだね。みんなでアメリカを作って行こうという。

オバマ自体は最初からそのつもりだったのに私が気がつかなかっただけかもしれないけれど。

ケネディの
あなたの国家があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたがあなたの国家のために何ができるかを問おうではないか。
という言葉を思い出した。

成果はすぐには出ないだろう。
しかし、姿勢は変えられる。

アメリカの安全、繁栄のために世界の犠牲は仕方がないという考え方も改まって行くのではないか。

そう期待したい。

らふぃさんの記事を見て、マケインの敗北宣言も見ておかねばならないと思っています。
→ 追記: これも弾訳で読みました。負けても崇高です。皆さんが言われていることですが、これがマケインの本来の人格なんでしょうね。

追記: オバマのスピーチに対する感動を述べている皆さん

ハリーさん: なかなかのもんだ
世に倦む日日: オバマ勝利プロス・アンド・コンス - 歴史的演説と「最後の将軍」
  -- 感動的な演説は歴史に残るものと評価しながらも、選挙人獲得数では圧勝だが得票数はそれほど差がないことには懸念されています。
スポンタ通信2.2: 日本人は、オバマ大統領の勝利宣言に感動してはいけない…。
  -- 感動してはいけないと言いながら感動してるんだけどね。これはアメリカ人に向けたメッセージであることを忘れてはいけないということ。

おまけ: Twitter - BarackObamaより
We just made history. All of this happened because you gave your time, talent and passion. All of this happened because of you. Thanks

[PR]
by yoshihiroueda | 2008-11-06 08:17 | 平和への祈り
<< 2008/11/06付 麻生内... 期待された内容の論文 >>