行ってみたい、直島アートサイト
予告とは違う記事ばかりとりあげ、感想を書いているuedaです。
President 2004.8.30号に、安藤忠雄の「瀬戸内・写真日記」という記事があり、ベネッセアートサイト直島にできた「地中美術館」オープニングの日のレポートが載っていました。

ベネッセアートサイト直島
地中美術館

この記事の中で特に興味をもったのは、安藤忠雄が直島プロジェクトをはじめるきっかけ。1987年に当時の福武書店の福武会長から、「直島を世界に発信する現代アートの島にしたい」と持ちかけられたとのこと。やっぱりアートにはお金持ちの理解者が必要なんだなとも思う。美術手帳2003年12月号で森美術館の記事がありましたが、その中で美術館スタッフの「森社長は、本気で日本人の知的文化レベルを向上させようとしているように思える」という言葉を思い出しました。

ともあれ、こんなところに滞在してゆっくり美術を楽しむ時間(+資金)の余裕をもちたいと感じました。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-08-12 18:31 | カルチャー
<< ケータイ、TVが起こす新しいタ... どうなるUFJ合併問題 >>