Twitterって何が面白いの ... (2)
「Twitterって何が面白いの ...」と以前書いて、まだ分っていないのだけど、毎日読んで、毎日何かしら書いている。最初は何が面白いか知るために使っていたのだけれど、それが分らないまま使い続けているということは、きっと何かあるんだろう。

IT関係者にはそんな人が多いのかもしれない。TechCrunchも持ち上げているけれど、なぜというところは答えを出していないように思う。

とまどいながら使っているうちに、IT関係者にも広がっているようだ。

デジタルトレンド2009:敷居低く、誰でも手軽に トゥイッターで業務・森健市さん (毎日新聞 2009年7月27日 東京朝刊)

勝間和代のクロストーク: 緩やかなつながり、「Twitter」のすすめ (毎日新聞 2009年7月27日 東京朝刊)
  -- もう「ヒウィッヒヒー」のことを書いてる。

たぶん後で追記。
[PR]
by yoshihiroueda | 2009-07-27 07:58 | 言語とコミュニケーション | Comments(4)
Commented by Tukasa-gumi at 2009-07-27 12:12
同僚によりますとメモ帳替わりとして使っているそうです。

この同僚キングジムの『ポメラ』ももっているのですが
ケータイからも入力できるようになっているのが良いそうです。


(ミクシィ → ブログ → ツイッターと遍歴のある彼女です
 この辺に人気のヒミツがあるような・・・??)

彼女の友人が言うには、twitterの面白さは500人くらい
フォローするようになるとわかるとのことだそうです。


他にもイロイロ聞かされたのですが・・・
使っていないのでぢぇんぢぇん理解できませんでした。
Commented by pacer3 at 2009-07-27 22:24
ブログもツイッターも会社から出来ないので、
なんの役にも立ちません。規制がかかってるもので。orz
Commented by yoshihiroueda at 2009-07-29 07:58
★ つかさ組さん、
書くのは簡単なんですが、書いたことを忘れそうで、メモ帳には使いにくい気がします。100人くらいフォローすると面白さがわかるとどこかで読んだのですが、500人ですか ... もう読み逃すことを前提としないといけないとことでしょうかね。
Commented by yoshihiroueda at 2009-07-29 08:00
★ pacer3さん、
会社でTwitter追ってたら仕事にならないかもしれませんね。仕事に積極的に利用しようとしているところもあるようですが、どういう使い方をするんでしょうか。
<< ショッピングセンターでエクササイズ アジア料理と巨大ハム >>