アンリ・リヴィエール展
おはようございます。敬老ウィークももう終わりですね。私明日も休み取ってるけど。

昨日は神奈川県立近代美術館 葉山で行われているアンリ・リヴィエール展へ行って来ました。名前も知らないアーチストだったのだけど、展覧会がすばらしく充実していて、良かったです。

リヴィエールは浮世絵に心酔し、フランスにいながら (日本には一度も来たことがない)、独学で浮世絵を作るための木版画の技法を開発したそうです。そして自分でも浮世絵風の多色刷り木版画を制作しています。構図や色使いにも影響をうけているのがよく分ります。

日本の浮世絵が、絵師、彫り師、刷り師の分業体制で作品を制作したのに対して、リヴィエールはそれを一人でこなしたので、恐ろしく時間がかかる。彼の習熟度では、細い線などを出すことができなかったのでしょう、浮世絵としては我々から見るとかわいい感じの作品になっています。でも当時の洋画界 (っていう言い方もおかしいけど) では新鮮な作風だったんだろうなと思います。

そのため、やがて、彫りと刷りを工房に任せられるリトグラフに移って行きます。工房と一緒にリトグラフのぼかし技法を開発し、浮世絵の作風をリトグラフで再現するようになったそうです。

私としては、このリトグラフ作品が一番気に入りました。木版画の時代よりも特に色使いの面で格段に進歩していると思います。また、ここでも研究熱心なところが出ていて、季節による違い、明け方から夜までの違い、天候による違いを出すことを試みた連作を多く発表しています。そのバラティも気に入った理由の一つでもあります。

木版画からリトグラフに移行する時期の作品にエッフェル塔三十六景という作品があります。浮世絵の影響がよく分る作品でしょう?

今回の展示が素晴らしかったのは、リヴィエールの作品と、構図の似ている浮世絵作品と並べたり、彼自身がとった写真と版画を並べて、比較できるようにしたところです。

また、リヴィエールに影響を受けた日本の版画家の作品も展示していました。この中には同じ版木を使って異なった時間帯のその場を表現した連作もありました。こういう他との関連も分る展示がただの回顧展と違うところだと思います。今回は作品も良かったのですが、この展示方法に、ただ借りて来て並べましたというのではない、意欲が感じられました。

アンリ・リヴィエールって今回初めて知ったのだけど、そもそも作品が出回っていなかったように思います。今回、これだけ大量の作品が出た背景には、所有していた人がフランス国家に相続税の物納として納めたということがあるらしいです。

湘南はやっぱり渋滞していました。午前中は江ノ島から鎌倉方面は+15分くらいの込み方ですんだけど、午後になって逆方向は+1時間かかりました。

今日はこれから鴻池朋子 「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」にいってきます。
[PR]
by yoshihiroueda | 2009-09-23 08:55 | カルチャー
<< 犬猿の仲 こうやってビジネスプランはできていく >>