カテゴリ:日本( 139 )
投票率アップを考える(2)

選挙始まりましたね。前にも書きましたが、テレビでは選挙が終わってはじめてもりあがるようです。選挙期間中は報道には制約があるのでしょうか。選挙違反も投票が終わるまで逮捕しないみたいですし。

ここらあたりが最も改善すべきかと思いますが、なかなか進まないと思いますので、せめてブログのコミュニティーで有益な情報、意見を入手し、よい判断、価値のある投票行動につなげたいと思います。

さて今日は投票率アップの方策の続きです。

2) 年代別投票率を出して公開する

と書いたところで、Googleで調べてみましたが、出している選管もたくさんあるんですね。訂正します。

2) 年代別投票率を出して、その意味するところを示す。

です。「意味するところ」というのは、若年層で投票率が低くて、老人の投票率が高ければ、必然的に老人向けの政策になる、ということです。年金にしても、将来破たんしようが今受取額が減らなければ良い、ということになりますよね。また、政治家も、今自分が選挙にとおればよいし、将来の事を考えても肝腎の若年層は聞いてないし、となるのは必然であることを伝える。就職も希望通りにならないし将来が見えないから投票しないと言っても、その状況を作っているのは自分達だということを分かってもらいたいと思うのです。

でもこれは、特定の候補者に有利にはたらくことになりますので、各選管ではできませんね。

これも対策としてはまだまだ甘いような気がします。

3) マイナス票を導入する。

これは以前小選挙区制導入を軸とした選挙改革が議論されていたときに出ていた案のひとつです。犯罪や犯罪に近い行為を行った政治家も、地元への貢献があれば、地元へまだまだ利益を誘導してくれる人間だと評価されれば、次の選挙ではみそぎを済ませたといってまた議員を続ける事ができる。また、小選挙区で落ちても比例代表で確実に議席を約束されたひともいる。これって無力感倍増ですよね。

よその選挙区でのみ行使できるマイナス票を導入すると、地元にどれだけ人気があっても他府県の選挙民から受けれられなければ、国会議員になることができない。0.1票でも十分な効果がえられるでしょう。一度の選挙ではそれで落される人が1、2名くらいしかいなくても、汚職などの大きな抑制効果が期待できると思います。汚職や秘書給与詐欺のような犯罪を犯す人がなくなれば、これで落される水準が上がってきて、国会で議論よりももっぱら暴れるのが目立っている人などがターゲットになるでしょう。そしてそのレベルアップは国民の眼と意識が作って行くことになるのです。

短期的にも誰をおとそうか、誰が最も多くマイナス票を集めるかなど、選挙に対する関心、候補者に対する評価が日常会話で行われるなど、投票率アップにつながる大きな効果が得られると考えています。

これは法律改正が必要なので今すぐ実施できるわけではありませんが、各新聞社の支持率調査などの際に1項目質問を増やしてシミュレーションしてみるとよいと思います。

これからも新しい案がでるかもしれませんが、これまで考えてきていたのはこれで全部です。ではまた。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-06-25 01:29 | 日本
投票率アップを考える(1)
先日、次は投票率アップの方策を考えます、と言っておきながら、書いていませんでした。遅くなりましたが、実現性はともかく(法律改正が必要なものもあるので)、考えてみました。

もっとも大きい原因は、無力感だと思います。私の一票では政治を変えられないと思うと、投票することの意味が感じられない。一票の影響力がないのは変えられないですが、それが集まると意味があることを分かってもらわないといけないと思います。

1) 棄権票を、第一党の(暗黙)支持票に加えた統計を出す。

投票率が50%しかないのにそのうちの過半数をとったとしても支持率は30%に達しない、これで政権をとれるのがおかしいという意見をきくことがあります。でもこれは間違い。投票していない50%は、誰でも良いと言うことを表明しているのだと考えるべきです。第一党の支持率を、投票率*得票率+(100% - 投票率)で計算し、新聞などではそれを使うようにします。「戦後最高の支持率更新」、「80%の信任を得て自信深めるXX首相」という感じ。

ここまで準備ができたら、あとは国民へのメッセージです。「あなたは政府の政策に異論を唱えていますが、でも国民の8割は政府を支持しているのですよ」という。不況も、財政赤字も、年金も、道路族も、就職難もあなたが支持しているのです、と伝える。

いかがでしょう。私はこの状況を容認しないという人は、投票所に足を運ぶと思うのですが、甘いでしょうか?

2番目以降はまた (って投票後にならないようにしたいです)。→ ここ
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-06-23 01:19 | 日本
松岡正剛BLOG: にっぽんXYZ
松岡正剛のにっぽんXYZというBlogが始まりました。

私は日本の歴史に詳しいわけではないので、気のきいたコメントができるわけではないのですが、ここで示される情報の整理のしかたは魅力的だと思います。具体的には毎回のテーマに対して3つのキーワードを選びX、Y、Zとして整理するとのことです。「いっぺんになるべく多くの情報やモノを自分に通過させること」がコツだとも言っています。最初のテーマは日本の文化の始まりで、X「稲」、Y「鉄」、Z「漢字」の3つをキーワードとしています。現在「稲」編の1回目です。次の更新は6/21。

整理方法の事例を学べることを期待して、毎回楽しみに待ちたいと思います。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-06-20 07:04 | 日本
投票率と開票速報番組
政治の世界は選挙モードに突入したようですね。

選挙のたびに思うのは、毎回下がる投票率にもかかわらず、投票時間終了直後から各放送局で始まるショウアップされた開票速報番組のこと。こんなに投票率が低いんだったらみんな結果になんか興味ないんじゃないの?とか、どう議論しても結果は決まってるんだから、とか思う。それとも日本人は結果だけが興味あるのか? (私も野球中継は見ないでスポーツニュースで満足してるし)

選挙期間中は公平を期すために報道にも制約があるのだろうけど、それに注ぎ込むエネルギーやアイデアを投票率のアップにつなげられないのだろうか。マニフェストの実現可能性検証とか、前回のマニフェストの達成率評価とか、今国会出席日数ランキング、居眠り時間ランキングとか。

次回投票率アップする方策について考えます。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-06-17 01:02 | 日本
政治家専用BLOGオープン
6月10日より、政治家専用WEBLOG”ele-log”がスタート

だそうです。6月9日から入れている人もいます。政治家専用なので、一般人が自分のBlogを持てるわけではないですが、コメント、トラックバックができるので、意見はできます。でも読むのかな。土井たか子HPみたいに、誰でもかけるようにすると、1日くらいで閉鎖したくなるだろうな*。そうならないように、ロジカルに適確な意見を出して、みんなで民主主義を育てて行きましょう。

* よくみると、コメント、トラックバックはチェックがはいるそうです。ま、しかたないか。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-06-11 00:13 | 日本
米の「不法特権」
毎日新聞:記者の眼「米の「不法特権」=松藤幸之輔(那覇支局)」 (リンク切れです)

・地位協定では、米軍が損害を与えた民間人への賠償について、米側にのみ責任がある場合、裁判で確定した賠償額の75%を米国、残りを日本が負担すると規定している。
・これまで、米国はその75%を払ったことがない(とは書いていないがそう読める)。
・その分すべて(総額は約18億9000万円)は日本政府が支払っている。

というわけで、米軍が損害を与えた民間人への賠償は、全て日本人の税金でまかなわれている、ということになる。これでは米軍による犯罪はなくならないわけだ。

その他、Yナンバーに関しても言及している。車庫証明をとっていない=車庫法違反が放置されているとのこと(私は、自動車税を払っていないと聞いたことがあるがこれは誤解だったかな)。

「治外法権」という言葉がこの記事でも使われているが、まさしくそのとおり。「国際社会で名誉ある地位を得る」っていつになることだろう。

追加トラックバック:
瀬戸智子の枕草子「守るべきものは誰か?」
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-06-09 21:35 | 日本
なぜ真相を明らかにしないのか。
激闘!日朝会談;なぜ、30分も早く打ち切られたか――。
上記記事面白く読ませていただきました。

これだったら、小泉よくやった、といえる。また、小泉首相だって、胸はって帰国できると思います。次の選挙も磐石でしょう。

でも、やはり疑問が残る。これが真相なら、なぜ明らかにしないのか。外交交渉を公表するのはルール違反かもしれない。しかし、相手は犯罪国家。相手のレベルにまで合わせる必要はないけれど、紳士を気取っても仕方がない。yodaway2さんが指摘するように、 したたかに、そして気迫を込めて、というのでなければならない。そしてそれが日本が国際社会において名誉ある地位を得られる道だと思う。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-05-28 01:29 | 日本
小泉首相起死回生の一打
小泉さんも北朝鮮へ行って予想される最悪のシナリオで帰ってきたため、さんざんですね。ガキの使いとか、プライドあるのかとか。一度恥をかかされたにもかかわらず、なぜまた田中均を信じちゃったのか不思議ですね。

でも、まだ起死回生の一打がある。「北朝鮮が約束した残る10名の被害者の再調査の成績に応じて、食糧支援の量を決める」と宣言するのです。今月は何も進んでないので25万トンのうち1万トンとかね。

それから、食糧のパッケージには被害者の写真とともに背景説明と情報提供の依頼を載せる。アメリカで牛乳パックに誘拐された子供の写真が載っているように(今もやってるのかな)。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-05-25 22:45 | 日本
愛国者宣言
私は、たぶん、愛国者。
ただしそれは右翼的な愛国とは違う。左翼とも違う。
中国、朝鮮、ロシア、アメリカ、どこにもへつらわず、正しいことを正しく主張できる、名誉ある地位を占める日本であってほしい。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-05-25 00:54 | 日本