「ほっ」と。キャンペーン
<   2004年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
Intentionallies
Intentionallies
面白いインターフェースのサイト。
以前にも紹介されていましたが、Web Designing 2004/6月号で記事に載っていたので、また訪問してみました。この記事を書いた松原慶太氏も、すでに多くを語られているが自分も語りたくて、と断り書きを入れていますが、その意味で私が書くことはさらにないのですが...
面白いというより実験的といったほうがよいかな。
基本的になにか欲しい情報があって探すというのでなく、出会うという感じ。

作者の中村勇吾氏のサイトも見て見ましたが、"A NEW ENVIRONMENT IS COMING SOON."とのこと。楽しみですね。旧バージョンもおいてあるので、そちらも見ましたが、これも面白いインターフェース。こんなのを見てると時間がいくらあっても足りなくなる。これらの感想はいずれ。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-05-29 21:57 | カルチャー
なぜ真相を明らかにしないのか。
激闘!日朝会談;なぜ、30分も早く打ち切られたか――。
上記記事面白く読ませていただきました。

これだったら、小泉よくやった、といえる。また、小泉首相だって、胸はって帰国できると思います。次の選挙も磐石でしょう。

でも、やはり疑問が残る。これが真相なら、なぜ明らかにしないのか。外交交渉を公表するのはルール違反かもしれない。しかし、相手は犯罪国家。相手のレベルにまで合わせる必要はないけれど、紳士を気取っても仕方がない。yodaway2さんが指摘するように、 したたかに、そして気迫を込めて、というのでなければならない。そしてそれが日本が国際社会において名誉ある地位を得られる道だと思う。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-05-28 01:29 | 日本
小泉首相起死回生の一打
小泉さんも北朝鮮へ行って予想される最悪のシナリオで帰ってきたため、さんざんですね。ガキの使いとか、プライドあるのかとか。一度恥をかかされたにもかかわらず、なぜまた田中均を信じちゃったのか不思議ですね。

でも、まだ起死回生の一打がある。「北朝鮮が約束した残る10名の被害者の再調査の成績に応じて、食糧支援の量を決める」と宣言するのです。今月は何も進んでないので25万トンのうち1万トンとかね。

それから、食糧のパッケージには被害者の写真とともに背景説明と情報提供の依頼を載せる。アメリカで牛乳パックに誘拐された子供の写真が載っているように(今もやってるのかな)。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-05-25 22:45 | 日本
アートのトラックバック
カルチャーといっても美術が好きなんです。次に音楽かな。
BlogのBlogらしい使い方を知りたいので、まずアートにトラックバック設定してみます。「アートにトラックバック」というのが正しいのかな、それとも「アートをトラックバック」?
アート
さて、何が起きるのでしょうか。

→ なにもおきませんね。能動的な書き手がいて、自分の記事がトラックバックされた先を読みにいって、またコメント、トラックバックで記事を書く、というサイクルが回ることに意義があるものだということがようやく分かりました(2004/6/5)。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-05-25 01:05 | カルチャー
愛国者宣言
私は、たぶん、愛国者。
ただしそれは右翼的な愛国とは違う。左翼とも違う。
中国、朝鮮、ロシア、アメリカ、どこにもへつらわず、正しいことを正しく主張できる、名誉ある地位を占める日本であってほしい。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-05-25 00:54 | 日本