「ほっ」と。キャンペーン
<   2004年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
言語は生き物、だけど...
日本語テスト、私は全敗でした。^^からのトラックバック。私もちょっと考えてみたいと思います。

ニュースの基になった文化庁の発表はこちら

文化庁が正解としているものの中には、yodaway2さんがコメントで指摘されているように、すでに意味が変わっているいるものもあるかもしれないし、ただ自分が/皆がそう思っているだけかもしれません。「憮然」は本当にこんな意味があるのかという感じだし、「とんでもございません」は、なぜいけないのか分からない人も多いと思います。「的を得る」は正しくは「的を射る」ですよといえば誰もが納得するでしょう。「姑息」は大掛かりな「卑怯」や周到に準備された「卑怯」には使わないと思うので、やはり「一時凌ぎ」の意味は残っているのでしょう。

言語は生き物であって、変わっていくのは仕方がない
と思う一方で、
言語はプロトコル、ころころ変わってしまってはコミュニケーションがとれなくなる
という思いがあり、常に揺れ動いている状況です。

基本はやはりコミュニケーションなので、
1) 正しくても聞き手がそのまま誤解するようだったらなるべく使わない
2) 正しく使って聞き手が誤解を糺すことが期待できるなら使っても良い
3) 誰もがわざとということが理解できるなら、間違った使い方(=ボケ)をしても良い
というのが基準かなと思います。

1) は例えば、「気がおけない」。本来の意味は「気遣いする必要がない。遠慮がない。」の意味なのだが、「気を許せない」という全く逆にとらえている人が多い。「おかなくてよい」を「おけない」という可能動詞で表現されているので、誤解されるのも当然といえば当然といえる。こういう場合、正しく伝えたいと思ったら、もう使わないほうが良いと考えています。「気遣いする必要がない」といえば良いことと思います。

2) は「的を射る」など。これは正しく使っても「的を得る」を使っている人に誤解を受けることはないと思うし、正しい使い方に揺り戻せることが期待できる。ただ口頭では音も似ているので気が付かないかもしれません。「他人事(ひとごと)」も文字を見せながら話さないといけません。

3) は「なにげに」など。わざとだと分かるので使っていいと思いますが、TPOは考えたほうが良い(広告代理店の提案書に書いてあった。そんな提案採用するなよ)。さらに気をつけなければいけないことは、それが正しいものとして定着することと、定着しないで死語になっているのに気がつかずそのまま使っちゃうことですね(「ナウい」とか「イマい」とか、存在を知っているだけで恥ずかしいかも)。

言語、日本語に関しては今まで書いたことはなかったのですが (実は別のブログがあってそちらで書いていこうと思っていましたがずっとほおりっぱなし)、今後こちらでも少しずつ取り上げていきたいと思います。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-31 15:29 | 言語とコミュニケーション
Paul Simonの「ひとりごと」

There Goes Rhymin' Simon
Paul Simon / Warner Brothers
スコア選択: ★★★★

最初に日本で出たときのアルバムタイトルは「ひとりごと」だったと思う。その割にはにぎやかな曲が多く、最初のシングル「僕のコダクローム」もそう。いろいろなミュージシャンとの競演を行っており、「夢のマルディ・グラ」での間奏(後奏?)はすばらしい。
その中で特に気に入っていたのが「アメリカの歌」。全体的に暗いトーンの歌詞なのだが、現実を受け入れなければいけないというあきらめの中に、アメリカ移民の子孫として今後を良くしていかねばならないという矜持が感じられる。

We come on the ship they call the Mayflower
We come on the ship that sailed the moon
We come in the ages most uncertain hour
And sing an American tune
But it's all right, it's all right
You can't be forever blessed
Still, tomorrow's going to be another working day
And I'm trying to get some rest
That's all I'm trying to get some rest

"You're The One"についてきたブックレット「ポール・サイモンを知る50の方法」によると、American Tuneは第2の国歌として認識されているそうです。そうあってくれればうれしいけれど、本当かなあ。このブックレットの作成は9.11以前だということを前提にして考えても、ちょっと信じ難い。

その次の"Still Crazy After All These Years"もすきだ。この機会にこの2枚をCDでも購入することにしました。また、その後の"Graceland”もお気に入りで一時期私の中でのパワープレイでした。

このアルバムに対してはライフログでは写真がでない(Amazonにはある)ので、paul.simon.orgにある写真を使っています。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-25 08:14 | カルチャー
Lego SpiderMan
Lego SpiderMan
QuickTimeニュースで知りました。
力が入っているなあ。

新機能ブックマークレットを使っています。
URLが自動で貼られるわけではないんですね。
後で投稿することができるようなものかと思っていたら、その場で記事を書く必要があるんですね。
何のためにあるんでしょう。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-24 10:35 | カルチャー
ブログとビジネス


今回はエキサイトブログの新しい機能ライフログを使って投稿しようとおもっていたのですが、社長の山村さんが新機能について語っているので、ビジネスについて考えることにしました。

私もブログを初めて見ようと思ったきっかけは、以下のような記事に触発され、ブログのカルチャーを中にはいって考えてみようと思ったことと、それがサービス提供者にとってどういう利点、ビジネスにつながるのか、そのビジネスはどのように発展できるのかを考えてみたかったことです。
「情報処理」(情報処理学会誌)Vol.45 No.6の「Weblogの現在と展望−セマンティックWebおよびソーシャルネットワーキングの基盤として−」(武田英明・大向一輝)という記事(すみません。情報処理学会員以外はPDFを購入しないと読めません)と、
IT Proの参入相次ぐblog,ソーシャル・ネットワーキング[2004/05/14]という記事。

実は以前にも、PlayStation2のトロイの木馬作戦にかかってみようと思い、HDDユニットを先行販売で入手したり、FF XIのベータテスターに応募したりしていたのでした。

閑話休題。

エキサイトブログを選んだのは、
・β版でまだビジネスになっていないのでこれからどう打って出るか期待
・ブログセンターをみて、自分に合いそう、加入者間のインタラクションが多そうと思った。
・エキサイトIDを持っていた (これはちょっと失敗。本名使っている人ほとんどいないんだもん)
というところでしょうか。良い選択だったと思っています(と媚を売ったりしてみる)。あ、でも、最近有名になったあの社長のところもよかったかも。

さて今回の新機能とビジネスの関係ですが、

1) ライフログとそれをつかった投稿機能: Amazon.comのアフィリエイトプログラムでは、そのページに関連があると思われる本を自動的に選択して広告をつける機能があります。しかしそこで紹介された本は、そのページの著者も読んでいないかもしれません、というか、その可能性が高い。一方、ライフログは、自分が知っている/情報源として信頼しているブロガーがお勧めするものですので、読んでみたいと思う度合いは桁違いでしょう。それに関する投稿で、そのブロガーが熱烈に推薦していればなおさらです。これは上記の2番目の記事で言及されていることでもあります。

2) PDF出版: 有料会員向けのサービスですが、Adobe Acrobatは結構お高い製品ですからもとはとれると思います。デザインも自分でやるよりセンス良いものができるでしょう。それよりも本にできるとなったら、
・ある程度の量と統一性が必要になるので、ブログを使い続ける
・品質の良い文章を作るモチベーションがあがる
・品質の良いものができれば、訪問者が増える。コメントも増える。
・さらにやめられなくなる
という良いループがまわることと思います。来訪者の数の増加は作者にとっての喜びだけでなく、エキサイトにとっての利益でもあります。

以上思い付いたものを書きましたが、ほかにもあると思います。機能の向上は、単純に参加者の増加、来訪者の増加につながります。エキサイトにとってはそれだけでも価値のあることかもしれません。

ではまた。次回ほんとうにライフログを使った投稿をする予定。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-24 01:17 | ビジネス
参院選総括(3)
【3】これからどうなる? どうすべきか? (7/22ちょっと補足修正)

自民党敗退。選挙前は責任論も出ていたが、小泉続投。この背景には、これも yodaway2さんの記事へのコメントの再録(+ちょっと補足)ですが、小泉抵抗勢力の面々は、
・今回の予測は50議席行かないくらいかな
・それより上の値を目標にしておけば小泉首相の責任も問えるな
・でも本当にやめられても困る、代わりはいないし
・もしやめると言い出しても遺留できて、恩を売れるくらいで設定しておこう
というシナリオ/読みがで参院戦の勝敗ラインを事前に語っていたのではないかと思っています。

このシナリオからいけば、今後の予測としては、
A) 小泉首相の発言力低下、改革は名前だけは進むかもしれないが、中身はますます骨抜きになる。
となるでしょう。

一方、期待としては、yodaway2さん、REDistさんらが指摘する
B) 小泉首相が腹をくくって改革に邁進する。
ということがあります。私も、小泉さんに対する評価は揺れ動いていますが、改革を本気でやってくれるならば誰でもよい。でも、最も改革に近いのは、当然ながら今の小泉首相の位置です。圧力に負けず、改革を進めていただきたいと思います。そのためには、党内抵抗勢力に対峙するのにエネルギーを使うのではなく、民主党を味方につけてでも改革を進めていただきたいと思います。妥協するだけでなく、民主党が掲げた政策で採用できるものは採用し、花をもたせてもいいでしょう。本当に自民党をぶっつぶしてもよい。そのほうが、名首相として歴史に名を残せると思います。自民党の総裁任期は2期4年ですが、首相にはなかったはずで、民主党と組んで小泉長期政権も夢ではありません。

以上です。次はお気楽な話題に戻したいですね。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-22 01:36 | 日本
参議院選挙総括(2)
すこしずつしか書けないのはご勘弁下さい。

【2.5】 自民党敗因

まず、「小泉首相を評価」ですが、全面的な評価ではありません。「今まで誰もが先延ばしにしてきた年金などの問題を提起しての結果」にしては、に限定しています。それも「問題を提起」すら彼の意志というよりも、厚生労働省役人に「今なら出せる」と利用されているという疑いを抱いています(細川内閣時代の、コメ関税化や福祉税導入提案など)。
7/23追記: ゆびとまさんによる竹中平蔵演説の記録を読むと、官僚から出たのではなく竹中平蔵が問題にあげたらしいですね。本人のいうことは話半分にきかないといけないとは思いますが、これだけ自信をもって話しているのですからそのままうけとりましょう。

私自身の小泉首相への評価ですが、yodaway2さんへのコメントに書きましたが、
・彼でないと改革は進まないんじゃないの、とか
・ただ人気を利用されているだけで、彼でも改革は進まないんじゃないの、とか
・ほんとは彼も改革のことをあまり考えてないんじゃないの
 (郵政民営化も民営化すれば良い、と思っているふしもあって)
などと、揺れ動いています。今は1番目の項目重視(というか期待)に傾いています(これに関しては次回)。

自民党の敗因ですが、年金を争点にしたこと、その中で未納の問題がでたこと、その対応のまずさ、などいろいろあるかと思いますが、小泉改革の中身が見えてきた点が大きいのではないかと思います。私の評価の2, 3項目目に近いかも。

「痛みを伴う改革」 — 「構造改革」は「リストラクチャリング」ですね。「リストラ」が「解雇」を意味するようになったので本来の意味での「リストラクチャリング」は使われなくなってしまいましたが(これに関しても別途あげたいテーマです → 「コトバノチカラ(3) コノテーション」)、本来痛みを伴うのは理解できます。その上で皆さん支持したはずです。ところがふたをあけてみると、痛みは国民のみが背負う形になっていました。従業員=官僚(+族議員)に関しては何も変わっていない。今後も変わりそうにない。

3年前に比べて大きく議席数を減らすのは必然だと思います。むしろこれくらいで済んだのが不思議なくらいで、小泉首相でなかったらもっと大きな敗退だったに違いありません。その点が「小泉首相を評価」につながっています。有権者の皆さんも、それでもやっぱり「彼でないと改革は進まないんじゃないの」と思っているのだと思います。

今日はここまでにしておきたいと思います。次回【3】にいけるでしょうか。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-19 05:31 | 日本
参議院選挙総括

いろいろまわっていたので、遅くなりました。
参考にさせていただいた皆さんの記事/コメント
takayanさん、
何が変わったというのか――第20回参議院議員選挙総括
yodaway2さん、
選挙の話題が続くけれど、やっぱり話さねば!
REDistさん、
がんばれ小泉純一郎
rakurakuonsenさん、
参院選を振り返る・事前投票でモノを言う
Dailywatchさん、
通常選挙雑感・2、3
それから私にコメントをいただいたdragon2011さん
みなさん、ありがとうございます。

【1】投票率
56.57% 戦後3番目の低投票率だった前回01年(56.44%)とほぼ同水準。
微妙ですね。50%割るかもという予想もあったことを考えればまあまあといえるし、これだけ争点があってこれでいいの? とも思う。私は基本的に後者。
与党(暗黙)支持率または容認率を出してみましょう。
比例区で考えると、自民党と公明党の得票率の和は、30.03% + 15.41% = 45.44%
与党(暗黙)支持率: 56.57 * 45.44 / 100 + (100 - 56.57) = 69.13 %
7割の有権者が今の状態でよいと言っていることになります。

【2】自民党は負けたのか?
これも微妙です。マスコミは負けたと言っている。ブログのコミュニティは少し冷静で、直後は、2議席減のみで全体の議席減を考えると減らしたともいえないんじゃないのという分析もありました。その後は、目標自体が橋本内閣惨敗の時が基準で、それすらも達成していないと意見も多くなったような気がします。一方、今まで誰もが先延ばしにしてきた年金などの問題を提起しての結果ですので、小泉首相を評価する向きもあります。
私自身は、上記の全部に流されています。ということは、今は最後の「小泉首相を評価」です。

【3】これからどうなる? どうすべきか?
以下次回。

ちょこちょこ書き換えると思います。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-17 16:16 | 日本
気をつけろ!
ブログを徘徊していたら、ブロガーの「燃え尽き症候群」に関して言及した記事がありました。すぐTBすれば良かったのですが、見失ってしまったので、検索してみました。元ネタと思われるHotwiredの記事(下記)とそれに反応したブロガーの皆さんの投稿(もはや私が見たのがどれか特定できない)がたくさん出てきました。
ブロガーに蔓延する「燃え尽き症候群」
私はむしろ他の人の更新を楽しみしている方なので、自分自身がこうなることを心配していないのですが、人にプレッシャーを与える側に容易になりうるのが心配ですね。私にコメントを書かれた皆さん(笑い)、気をつけて下さいねー、じゃなくてあまり気にしないで下さい。

むしろ気になったのは、上記記事に関連記事としてあげてある下記の記事。
人気ウェブログは頻繁に「無断引用」——ウェブログ間の情報の流れを解析
引用もとを書かずに(トラックバックせずに)自分が出した新たな話題として書きはじめてしまうそうです。私のこの記事自体がそうなってしまっています。とはいえ、全く新しい視点がいつもでるわけではなく、誰か(複数の人の場合も多い)に触発されたりして書き始めることが多く、書き始めるときには誰の記事に触発されたかとか分からなくなっている事も多いんだろうなとも思う。人気ウェブログになってプレッシャーを感じない限り、独自の視点に困ってと言う事でしょうから、あまり気にしても仕方がないかとも思ったりします。

まあ、ぼちぼちいきましょう。にぶい更新頻度で、ちょっとずつ(nibble単位で)書いて行こうとおもいます。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-16 00:41 | カルチャー
環境政党
自分なりの選挙の総括をしておきたいなと思い、トラックバック、コメントのリンクをたどって、みなさんの意見をみてまわっていました。ブログの盛り上がりは新しい動きなのでそれも書かないといけないなーと思いながら。

その中で、次のような記事にいきあたりました。

無くなる前にご一読頂けたら・・・

みどりの会議のマニフェストの紹介です。詳細には読んでいませんが、以前書いた自分の考えにかなり近い。おはずかしい話ですが、投票に行く直前まで広報を読んでおらず、読んではじめて主張を知ったのでした。当然マニフェストまで読んでいませんでした。中村敦夫がなだいなだと対談している雑誌記事もちらっとみただけで最後まで読んでいなかったので、中村敦夫が今回改選だということも知らなかった。党の名前もみどりの党とごっちゃになっていましたし。

中村敦夫が引退してこの政党もなくなっちゃうのかと思うと残念です。中村敦夫公式サイトに「何らかの形で再スタートを」とあるのに期待したいと思います。

選挙の総括は別の記事で(できるだけ新鮮なうちに)。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-14 22:35 | 環境
曽我さん一家におめでとう... でも...
dragon2011さんのこれ選挙対策だろ・・・からトラックバックです。

上記のコメントに、「いくらなんでも国民ばかにしすぎ。でももしかしてこれでだまされる人も多いのかも。」と書きました。それは毎日新聞に載っていた、香山リカさん(人形じゃない方...って当たり前ですが)の
参院選への視点:
/中 香山リカさんに聞く 自己防衛に走る、視野狭窄の世論

が脳裏にあったからです。

へたに要約するより上記を直接読んでもらったほうが良いですが、この中で香山さんは、
・現状の日本人は1枚の映像によって目に入った情報だけで、善しあしを判断している
・参院選での投票行動が、直前に起きる出来事に左右されるのは間違いない
と語っています。

今、曽我さん一家再会が「直前に起きる出来事」になっています。実際は「起きる」じゃなくて作った訳ですが。この大報道を見ていると、香山さんの予言が的中しそうな感じです。

これで年金とかイラク問題とか(この後3年間に選挙がないことを考えると憲法問題でもある)を忘れちゃっていいの、とか、犯罪者から人質をとりもどすのに(今回は人質とは言えませんが)相手にどれだけ譲歩しているの、とか考えると、曽我さん一家再会には素直におめでとうと言えない自分がいます。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-07-10 06:19 | 日本