<   2004年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧
律儀な人...
こんばんは。ホリエモンです(ウソ)。

先日、仙台新球団の総監督として長嶋さんを迎えるという構想を出したのですが...

毎日新聞 2004年9月29日
長嶋茂雄氏:
渡辺恒雄氏を訪問 「体調いい」と思い立つ


体調がよくなったら真っ先に行くのはここなの?
「終身名誉監督」って名前だけかと思ったら、
「毎年、シーズン終了後に巨人の戦況分析の報告に来ていましたが、今年は詳細な報告書を書けませんでしたので、口頭で報告に来ました」
だって。

毎年詳細な報告書を書いていたのか!

律儀な人なんですね。本当に「終身名誉監督」って永遠に不滅ですね。そんな人を総監督に迎えようとした私があさはかでした。

さて、構想の立て直しです。いい人材いないかな。阪神星野SDは楽天が狙っているそうですね。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-29 23:29 | スポーツ
「違かった」って使います?
おはようございます。ウィッキーさんです(ウソ)。笑瓶ちゃんじゃないので、間違わないように。

関東で、「すげー」とか「はえー」とか使いますよね。「すごい」、「はやい」の変化したものですね(なに音便というのでしょうか)。もしかしたら、もう関東だけの方言ではなく、全国的に使うのかもしれません。

基本的には、以下のような変化が生じています。
ai → ee: 「はえー」、「でけー」など
oi → ee: 「すげー」、「おもしれー」など

こんなのもあるようですね。
ui → ii: 「さみー(寒い)」、「だりー(だるい)」など

「おおきい」とか「美しい」は変化しないようなので、イ段にはおきないようです(エ段の形容詞はもともとないような気がしますが、私がしらないだけ?)。

ところで、以前マンガをみていたら、「ちげーよ」という表現が出ていました。文脈からいうと「違うよ」がなまったもののようでした。とすると、
au → ee
という変化が起きていることになります。また動詞にもこの変化が起きていることになります。すごく違和感がありました。

あとになって、井上 史雄の「日本語ウォッチング」という本を買いました。ここで初めて「違かった」、「違くて」という表現が出てきていることを知りました。井上はこれらの表現があるのを知った上で、形容詞的活用をしていると認識しました。そうすると、終止/連体形にあたる「違い」という表現がないことに気が付きます。しかし、それは「ちげー(よ)」という表現で曲がりなりにも完成することになります。

井上は、歴史、年齢、地域の面から言語の使用のデータを収集し、分析しています。この「違かった」、「違くて」は30歳代以下の人には使われるようになっているそうです(慌てて使いださないように)。注意して聞いていると確かに30歳前後で使っている人を複数みかけるようになりました。
[訂正: 間違って記憶していました。正確には東京とその周辺では1965年以降の生まれの人で50%近くの人が使っている、でした。その上も25%位の人が使っています。地域でいうと根岸(横浜の?)では80%くらいの人が使っています。こういう調査結果が色々載ってる本なんですわ。 ]

日本語ウォッチング
井上 史雄 / 岩波書店
スコア選択: ★★★

この本のユニークなところは、言語の使用のされかたをそのまま受け入れ、自分からは規範的な側面からの評価をいっさいしていないことです。井上が言っているのは、シチュエーションにより適切でない表現はあるので、その点は意識して使った方が良いというアドバイスだけです。例えば、「ら抜き言葉(= 一段動詞の可能動詞化)」はフォーマルな場面ではほとんど使われていない、そういう場面では使うものではないと認識されていることを統計的に示して、使う場面は考慮すべきとしています。

私にはちょっとまねが出来ません。言葉は生きているものとはいいつつ、規範から外れている文章をみるとついつい何かいいたくなる。
たとえ国語審議会が許しても、このuedaが許しません。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-26 07:31 | 言語とコミュニケーション
プロ野球:新球団に期待!
おはようございます。エキサイト社長山村幸広です(ウソ)。私も参入宣言しておけば良かったな。

また野球の話で申し訳ありません。でもちょっと期待できる出来事が...

毎日新聞 2004年09月23日
球界再編:
スト回避を最優先 根来コミッショナー単独会見

詳細はこちら → 根来コミッショナー 単独会見詳報

ストの効果を証明した形になりました。伝家の宝刀、最も良いタイミングで使ったことになります。また、古田選手会長を始め、粘り強い交渉に拍手です。

新規参入を認める方向ということで、ここまで来たら審査をして落とすことはなかなかできないと思います。

さて、こうなるといろいろ考えることが出てくるわけで...

■ でもどっち?

ライブドアと楽天のどちらでしょうか。両方となると7球団になって試合が組み難いし、そもそも選手を集められないでしょう。

先行という意味では、ライブドアが有利ですね。加入申請はちょっと早いだけですが、近鉄の買収から含めると今シーズンのかなり早い段階から動いていましたから。楽天が便乗しているように見えるのは否めないと思います。

一方、企業の信頼度というと断然楽天でしょう。ライブドアが近鉄を買収するといったときに、ライブドアの紹介が出されていましたが、年間売上げは近鉄の年間赤字額40億円を下回っていたと思います('04.09.25 追記: これ間違いでした。昨年9月決算で108億円、今年は250億円の見込みだそうです。 → 毎日新聞 2004年9月25日「球界参入: 仙台めぐり全面対決 ライブドアVS楽天」)。これでなぜって感じでした。週刊誌の広告にライブドアが出会い系サイトも運営していると書いてありました。それはまだちゃんと検証できていませんが、それでなくともうさんくさい雰囲気が残ります。人生の目的は金儲けにあるように思います。

楽天は数年前に増資して(目的が明確でないと批判されていましたね)、Infoseekや旅の窓口など買収していますが、まだあまってるんじゃないでしょうか。また、三木谷社長はスポーツマンでイメージも良い。

合併して楽天Live Doorsという案(って私が勝手に言ってるだけですが)は無理だと思う。この二人が一緒になってうまく気がしない。

■ 本拠地はどこに?

オリックス近鉄が、兵庫と大阪をフランチャイズにするということで、それ以外を探さなければいけないということらしいですが、まずそのこと自体を問題にすべきです。

まず、オリックスと近鉄のそれぞれが持っていた2つとも占有するのは欲張りすぎ。球団側としてもファンを固定化するのは難しいのではないかと思います。また、両方の球団スタッフ、球場関係者の雇用を確保できるあてもないでしょう。ノウハウを持った人たちを新球団に移行するために、神戸または大阪は譲るべきだと思います。

以前も阪神間に4球団あった訳で、新球団がそこを共有するのはなんら問題ないと思います。('04.09.25 追記: 上記 毎日新聞 2004年9月25日記事によると、オリックスの宮内オーナーから「どうしても関西に来るというのなら反対する。しかし、他の地域なら反対はしない」と言われたようですね。)

認められなかった場合仙台になるのが有力ですが、人口の面、球場老朽化の面で心配はありますが、成功のためには東北の他県のファンを集めることが必要と思います。「新しい風」としては既存市場にこだわるより良いかもしれません。

■ 球団の構成

不安な面はここでしょうね。合併であまる選手を優先的に引き受けることができたとして、それでも中心となる選手は不足すると思います。最初は弱いでしょうね。それもファンにとっては育てる楽しみがあってよいかと思います。

でも話題が欲しいですよね。

総監督に長嶋さんを迎える。実際のグラウンドに立つ監督はもちろん中畑さん。
社長には水島新司。もうマンガはいいんじゃないの。現実の世界での貢献を期待します。
木田投手、野茂投手を呼び戻す。昨年だったら新庄が取れたんですけどね。新庄選手は何を考えているか分からないといわれていましたが、本当にファンのことを考えていると思います。
モルツ球団から選手を移籍させる。村田兆冶はまだ鍛えているらしいので。

Jリーグのようにアマとプロの垣根をなくしてくれると良いんですが。シダックスの選手をシダックスの社員のままプレーさせたり、現役高校生、大学生もチームに入れるとかできるのにと思います。

まだまだいろいろなことを考える必要があります。シーズン前も十分楽しめそうですね。

一番心配なのは、これでOK、改革もそこまでとなってしまうことです。新球団のオーナー、選手会の皆さんには、エネルギーを振り絞って、改革案を提案しつづけて欲しいと思います。

以下の記事にトラックバックを送りました。
球界再編:
浮世風呂(rakurakuonsenさん) 「11球団」で最も得をする球団とは?:プロ野球再編問題
ライブドア/楽天/仙台宮城球場:
Tomorrow's Way (yodaway2さん) なにぃ!楽天も仙台だってェ!?――どうなるんだい、こりゃあ!
世祓い (Harryさん) 珍しく時事ネタ
小言日記 (hatabow823さん) 仙台球団
あっぱれ古田選手会長:
がんばれ!フルタくん  (緊急・期間限定版)(dohnatterunoさん) 野村監督、べた褒め!
ぼちぼち行こうよ(cosicosi3さん)スト決行
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-23 08:13 | スポーツ
江夏の21球
おはようございます。千葉パイレーツの粳寅満太郎です(ウソ)。

瀬戸智子さんの「瀬戸智子の枕草子」で「スローカーブを、もう一球」の感想が書かれていました。この話を含んだ同じタイトルのノンフィクション短編集の中に、山際 淳司の代表作ともいえる「江夏の21球」があります。そしてこの名前は、山際の作品だけでなく、この試合そのもの、9回裏の一連の攻防も指すものになっています。

実は私、その「江夏の21球」を友人と大阪球場で見ていました。1979年のことなので、年齢がばれちゃいますね。

近鉄側のスタンドで応援をしていたので、ノーアウト満塁になったときは、近鉄の逆転勝利と思いました。もちろん周囲の観客みなそう確信していたはずです。その一方で、もしかしたらこれでも逆転できないかも、とも感じていました(一緒に行った友人には言いませんでしたが)。関西に4球団あるなかで特に近鉄のファンという訳ではなかったということもありますが、江夏を野球選手として評価していたからかもしれません。試合が終わって、虚脱感に覆われて出口に向かう観客達を、ドラマのシーンを見ているような一種冷静な目で見ていました。

「江夏の21球」をその場で見ていたことは私の中でちょっと自慢できる出来事になっています。自分が戦った訳でもなく、演出した訳でもないのに、なにかおかしいですよね。

瀬戸さんは、
〜スポーツに取りつかれた男たちは、時として眩ばかりの光を放つ一瞬に出会う。
それは、ほんの束の間であるが故に、より純粋な硬質の
輝きに満ちている。〜
山際淳司が描いたのは、そんな一瞬の表情を見せる男たちです。
選手は、その一瞬が忘れなくて、自分を究める。
そして、私たちは、その一瞬が見たくて、
スポーツを観戦するのです。
ロマンをもとめて。

と書かれています。

そう、そんな心に残る一瞬がいつもある訳ではないので、それに出会えたことが自慢になっているのだと思います。青山広美の野球マンガで「ダイヤモンド」という作品があります。その中の登場人物に、観客は歴史の証言者になりたくてここ(球場)へ来ている、といったような発言がありました(記憶はあいまいです)。その部分を読んだときに私は「江夏の21球」のことを思い出しました。

現在発売中のNumber 611に、江夏豊のインタビューが載っています。その中で、江夏自身が「江夏の21球」に言及しています。
プロは技術です。同時に、感情のある人間がやっているスポーツなんです。だからドラマが生まれるのだと思う。
...
あれは野球技術をぎりぎり駆使したものであったと同時に、古葉監督の采配への反発がつくり出したドラマでもあった。リリーフエースといわれた俺がマウンドに立っている。なぜこの上、救援投手を準備させるのか。なぜなんだ・・・・・・と。

さらに江夏は「最近は、これは凄いというシーンを見ることが少なくなったよね。」と言っています。

あの試合と比較しては選手がかわいそうですが、その後何回か試合を見に行っても、以前ほど楽しめなくなっています。確かに子供の世話をしながら見ているというのはあるのですが、それ以前に私自身の観戦する姿勢から違ってきているように思います。最近は「その一瞬」を求めるのではなく、結果だけがあればいいような感じになってきているのです。それは私だけではないかもしれない。

今プロ野球でいろいろ議論されていますが、「歴史の証言者になりたい」という欲求を掘り起こし、その欲求をいかに満足させるかという観点が忘れられているような気がします。

スローカーブを、もう一球
山際 淳司 / 角川書店
スコア選択: ★★★★★


追加トラックバック
浮世風呂さん: それはないだろ読売さん:続プロ野球合併問題――組織硬直と全体戦略欠落の構図―
-- プロ野球をどう発展させていくかビジョンの必要性を訴えています。
なつきのティールームさん:近鉄と私。
-- 以前のような感動がなくなったことに関して書かれています。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-19 03:28 | スポーツ
北朝鮮の爆発:大山鳴動してこれかよっ!
芸術は爆発だ。岡本太郎です(ウソ)。

ブロガーの皆さんが追ってきたこの事件、

浮世風呂(rakurakuonsenさん):
04.09.12 「≪速報≫北朝鮮建国記念日にまた大規模爆発――きのこ雲も観測」
04.09.12 「「事故」か「兆候」か?:北朝鮮大規模爆発の情報を整理する」
04.09.15 「北朝鮮大規模爆発:北の説明はやはり不自然」
04.09.15 「パウエル長官追認で収束か?北の大規模爆発」
Tomorrow's Way (yodaway2さん):
04.09.12 「北朝鮮爆発事故のニュース。何かある――。」
スウィンバーン症候群(kaurshさん):
04.09.12 「数日前に北朝鮮大爆発」

結局こういう結論なんですが...

毎日新聞 04.09.17
北朝鮮爆発:
韓国発情報は「キノコ雲騒ぎ」に終わる


納得がいきません。上記毎日新聞記事に
韓国の核実験が米高官のリークから表面化した直後に起きた「キノコ雲騒動」だけに、韓国メディアには「米国によるハシゴ外しではないか」との警戒心が強くなっている。

とありますが、私も米国の対応には疑念をもっています。浮世風呂さんへのコメントで
以前北朝鮮からミサイルが発射された時、アメリカは当初日本にはミサイルと伝え、日本側がミサイルと発表した後、人工衛星打ち上げに失敗という見解に変更したと記憶しています。後の外交交渉で障害になると考えたら正しいことも言わないというのがアメリカのやり方だと思います。同盟国とはいえ、肝腎なことはしらされないのですから、日本独自の情報収集能力を充実させることは重要と思います。

と書きましたが、韓国でも同じように思っているかもしれませんね。

北朝鮮の情報の入手が難しいのは分かるのですが、皆さんが分析されてきた疑問点は、「実はなかった」では解決がつかないものが多いと思います。特に、北朝鮮からの発表、対応が不自然な点。

また何か続報があるのでしょうか。それともこれで終結でしょうか。

追記: rakurakuonsenさん(すみません、ハンドルとブログ名ごっちゃにしていましたと)のまとめがあります。→ 「謎」の論点整理:北朝鮮大爆発報道
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-18 04:02 | 世界
マグロ祭りだ、わっしょい
帰宅してブログを読み出したら、なんか知らない名前がRSSに並んでるし。訪問してみると見かけは違うけどいつものあの人。どゆこと? と思っていたら、こういうことらしいです。

マグロ祭りしましょう

コンテストなんて行われているのすっかり忘れていました。icedayさん「近海マグロに焼きをいれる」が受賞されたということで、おめでとうございます。
みなさん、私からの余計な説明は邪魔になるだけですので、ぜひ直接訪問、御覧下さい。




ところで、「マグロマル」という題の短編が筒井 康隆の作品にありました。どの作品集だったか忘れていたのですが、「ベトナム観光公社」でした。最初は星新一から入ったのですが、筒井康隆、小松左京...と、ますますもって帆掛け船。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-16 02:14 | カルチャー
ブログの役割(2) 知事ブログ
日本の夜明けは近い。坂本竜馬です(ウソ)。

知事自らがブログで県民・職員へ情報発信 という記事(高知県知事 橋本大二郎氏インタビュー)が出ました。橋本知事のブログは「だいちゃんぜよ」 。(写真はこのブログから)

社長ブログに続き、知事ブログ。社長ブログはIT関連会社ですので、宣伝の意味も大きいですが(山村社長は直接の宣伝を拒んでいますが、それでも社長自らがブログを書くことがその会社の先進性を示したり、ブログの楽しさを伝えている訳で宣伝になります)、知事/政治家となるとまたちがった意味が出てきますね。以前、政治家専用BLOGオープンという記事に書きましたが、情報発信だけでなく自由に書き込みを許すと、とんでもないことになりそうです。覚悟が必要ですよね。今のところあまりコメントやトラックバックがないみたいですね。高知県民の皆さん、せっかく書いてるんですから反響を寄せてやってください。記事になったので、他県の人が書き出すぞ。

記事は本人自ら書くそうです。なにしろ20年近く報道記者を勤めていたので、書くことは苦にならないそうです。となると期待は(元)作家のあの二人。負けるなー。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-14 22:43 | カルチャー
ブログの役割
みなさん、おはようございます。Tim Berners-Leeです(I'm just kidding)。

HotWiredに次のような記事がありました。上下2つあります。
見直される「市民の声」としてのブログ(上)

このところ以下の皆さんの記事で、ブログの役割を考えさせられることが多くあったように思いますので、ちょっとタイムリーかと。
あざらしサラダさん【ライブドアの「参加型ジャーナリズム」は成功するか(2)】
  もちろん(1)もあるし、周辺にたくさん考察があります。
Tomorrow's Way (yodaway2さん)ニュースを書き留めることについて、ちょっと考えてみた。
For Future Reference (Naotaka Uzawaさん) 出来事の意図と効果

HotWiredの記事では、
「ブログ界は全体で1冊の巨大なピアレビュー誌なのだ」ということを結論にあげています。また、「これはメディアの民主化なのだ。」とも言っています。
・一人で書いているのではなく、相互にチェックし合っていることで事実に対する客観性は確保される。
・その分野の専門家が書いている(既存メディアは記者が話を聞いて記事を書く)。
・新聞など既存のメディアの情報操作の疑い。
・既存メディアへのリンクの多寡によりブロガー全体で既存メディアへの評価を行っている。

高く評価しすぎているきらいはありますが、ひとつひとつは納得のいく理由だと思います。ただ日本ではまだそこまで発展していないだけかもしれません。まだ私なんかのように専門家でない人も発言している状況ですが、そのうちもっと強い説得力を伴って記事にしてくれる人が多く現れ、私は読んでいるだけになるかと思います。

客観性に関しては、森田実がよく批判しています。例えば、2004.9.1の記事では、政界の無気力=批判/議論しないことを批判していますが、その眼はマスコミにも向けられています。
「多くの政治家がおそれているのは、小泉首相本人の報復力というより、小泉首相を支援しているマスコミなのです。」
「小泉首相を批判する政治家は抵抗勢力のレッテルを貼られ叩かれてきた。...今もあまり変わらない」
と書いています。ほかにも、オフレコ情報を溜め込むだけで外に出さないことなどを批判していました。

これは2chの話になりますが、鈴木敦史が「美しい日本の掲示板」(リンク先は梅田望夫の書評。ちょっと持ち上げすぎかも) の中で、マスコミの日和見主義 = 上位下達の機関であることに関して批判しています。やはりここでも既存のマスコミにない視点を提供しているといえます。

田中 宇は非米同盟の中で、多くのメディアを巡回してレポートをまとめる自分の役割に関して述べています。多くのブログは見方は既存のしがらみから独立している。一方、事実を自分で取材することはないが、その点は既存メディアの取材により確保されているとしています。これをみるとただ乗りにも見えますが、補完的な位置付けを担っているといっていいでしょう。

自分自身はジャーナリストの補完になろうとしている訳ではありませんし、その能力もありません。ただ、多くの声のひとつとして平和を、環境を、よりよい世界を求める声を書き綴っていきたいと思います。むしろ自己満足に近い。こんな自己満足に近いものに対して、コメントいただけたりしてうれしいです、ってこれが自己満足か。

あざらしサラダさんの記事は【ブログで建設的に議論する方法について考える(4)】がいろいろなところで引用されていることから知りました。皆さんありがとうございます。

追記: ジャーナリストとブロガーの関わり/関連に関して書かれた記事です。トラックバック追加しました。
徒然なる数学な日々(night_in_tunisiaさん) 見直した!!
週刊!木村剛(一日編集長 ネットは新聞を殺すのかblogのtsuruaki_yukawaさん) [ブロガー新聞] 新潟地震マスコミ批判騒動に見る「参加型ジャーナリズム」
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-12 08:27 | カルチャー
9.11
9月11日ですね。

私はそのとき、正直なところ、アメリカにも「反省」という概念が出てくるかと思っていました。たしかに甘い考え方かもしれません。しかし、犯行の主体がビンラーディンにしろ誰にしろ、その全容解明には相当な時間がかかると思っていましたし、その間には、なぜそうなったかという議論も起こるだろうと考えていました。また、たとえ唯一無二のスーパーパワーであるアメリカにどの国も逆らえない状況とはいえ、アメリカにはいない犯人を見つけだすのに他国との協調も必要になります。

しかし、そうはならなかった。「テロに対する戦争」という概念が発明され、アフガニスタンにいると思われる犯人を見つけだすのに、アフガニスタンに住む人々はどれだけ犠牲になってもよいことになってしまいました。もしビンラーディンが東京にいたらどうなっていたでしょうか。東京は攻撃できませんか? 沖縄だったらどうですか?

国連は機能しませんでした。アメリカが攻撃したいと思ったら、国連にわざわざ承認を求める必要はないことを示したのです。証拠も要りません。ただ「テロリストにつくか、われわれにつくか」という選択肢が提示されただけ。「我々」というのがどういうものかということを吟味もせず、日本はこのジャイアン側につくことにしたのです。

ソ連が崩壊して、アメリカのみがスーパーパワーになったとき、一瞬暗い未来を予見しました。しかしすぐに、いやいやアメリカは違う、これまで正義の旗のもとに行動してきたのに、その舌の根も乾かないうちに悪の帝国になれる訳がない、と自分の中で否定しました。それも甘い期待でしかありませんでした。

今後期待はあるのでしょうか。アメリカはアメリカ国民しか変えることはできません。マイケルムーアが反ブッシュの運動を行っています。これはかなり効果は持っていると思いますが、ブッシュの代わりはケリーです。同じ穴のムジナです。「戦争をしたいからするのではなく、必要だからする」って、2つの間に違いはありません。

まだ夢想的なことをいうと、日本こそ世界を平和に導けるポジションと資格と力を持ち合わせていると考えています。日本が世界のリーダーになるビジョンを掲げ、日本人の誇りを訴える指導者が出てくると、世の中を変えられると思うのです。

論理の飛躍のある荒っぽい文章ですね。また少しずつ補足して行くかもしれません。

トラックバック先です。
瀬戸智子の枕草子 (瀬戸智子さん) あれから僕たちは何かを信じて来れたかな?
Sofia_SS (ソフィアさん) 911
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-11 15:42 | 平和への祈り
「感動で鳥肌が立つ」って言うじゃない?
おはようございます。金田一京助です(ウソ)。

ときどき新聞の読者の声などで、「感動で鳥肌が立つ」という表現に違和感を感じる、という意見を書いている人がいます。鳥肌は、寒さや恐怖を感じたときに出るものだというのです。辞書にそう書いてある、という人もいます。

年輩の方に多いような気がしますが、感動で鳥肌がたったという経験がなかったのでしょうか。それとも忘れちゃったのでしょうか。もちろん、感動は感じ方であって人によって違うものなので、そう感じたことがないというのは大いにありうると思いますが、他人がどう感じるかまで口出しすることはないと思います。新聞社もなぜそういう意見を何度も載せるのでしょうか。

私自身は「おいしくてほっぺたが落ちそう」という人こそ信じられません。辞書には載っていますけどね。それとも、私がそんな経験をしたことがない、それほどおいしいものを食べたことないってことか?

でもなんで鳥肌が立つのかな。「畏敬の念」っていう感じかもしれません。
[PR]
by yoshihiroueda | 2004-09-11 08:25 | 言語とコミュニケーション