タグ:ブログ ( 50 ) タグの人気記事
あなたはどのWeb文化圏?
こんばんは。ボケツッコミ文化圏の住人です。

絵文禄ことのは松永さんが、Webの世界のリンク、トラックバックに関する意見の食い違いを、「文化圏の衝突」という視点で整理されています。

ウェブの二つの文化圏の衝突【前編】無断リンク禁止問題にみるリンクする側・される側の論理
ウェブの二つの文化圏の衝突【後編】ネガティブリンクと批判する側・される側の論理
トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか
リンクなしトラックバックが「アクセスを奪う」という表現についての補記

私も、前の記事「ほねとかわとがはなれるおと」のコメントで「言及リンク文化圏」だと宣言しました。しかし、この機会に、自分がどの文化圏に属していて、リンク、トラックバックに関する意見を整理しておきたいと思います。

「無断リンク禁止」文化と「リンクフリー」文化

これは、「リンクフリー」文化。松永さんが指摘されるように、「ウェブに公開するということは全世界にさらされること」だからということです。一方の「無断リンク禁止」文化では、
ホームページとはまさに文字通り「わたしのおうち」なのだから、勝手に土足で踏み込むようなことはやめていただきたい。
と考えるとのこと。そして
事前にメールで「リンクさせていただいてよろしいでしょうか。また、できましたら相互リンクをお願いしたいと思います」と丁寧にメールでお願いをし、受けた側もその礼儀正しさを評価して、「こちらこそ喜んで」とリンクが成立する。
ということだそうですよ。

松永さんはこの違いを文化の違いととらえているので、
どちらがいい悪いの問題ではない。文化の違いにいい悪いはないからだ。
と結論づけている。

私は、文化の違いということまではわかるのだが、松永さんが書かれている
リンクフリー文化圏は、ウェブという環境に最適化された発想だといえよう。
という主張には異なった考えをもっている。それは、リンクフリーというのはWebで出て来た文化ではなく、著作物一般のルールだから。文化庁ホームページ著作権Q&Aでは、「法律に定められた要件を満たしていれば著作権者の了解なしに利用することができます(第32条)。」とある。「法律に定められた要件」の一つ「出所の明示」にあたるわけだ(リンクだけでは駄目でそのサイトの名前なども必要になる)。

引用(抜粋)しない場合はなおさらで、一旦公表された著作物だったら、どこに何が書かれているかを示すことに問題はないし、止めることはできない。

ただ、ホームページを公開することを、全世界に公開しているととらえられていないということはあるだろう。例えばサークル内の回覧やアルバムを親戚友人に見せる感じ。パスワードをつけるので制限はできる(ところもある)が、それも感覚的にちょっと違う。メールで送るのも違う。SNSなんかはそのニーズをうまく捉えられるのかもしれない。

「知らぬが仏文化圏」と「ブロゴスフィア議論文化圏」

これはどちらかというと「批判は堂々とわかるように/批判があるなら教えてほしい」の「ブロゴスフィア議論文化圏」かな。あまり大きな批判を受けたことがないのでなんとも言えないが、批判される覚悟、間違ったことを行った場合に謝罪する覚悟はあるつもり。むしろ知らないところで批判されるのは怖い。噂が噂を呼んで、さらに歪んだイメージで捉えられるのは怖い。

実は以前、急にアクセス数が通常の50倍くらいに増えたときがあって、2chかどこかで祭りがおこってるんじゃないかと思いましたよ。思い当たる板をいくつか見に行ったんだけどどこにも見つからなかった。コメントやトラックバックも感情的な批判はなく、結局わからずじまいのままになっている(アクセス解析を導入しておけば良かったのかな)。

一方、自分自身が「批判は堂々とわかるように」やっているか、というとそうは言えない。与党や中国の批判でトラックバックを送ったことはないし(普通ないと思うが)。Web上の意見に対しても、ほかにトラックバックが多くあれば、同じような批判をしても仕方がないと思う。自分の意見が他とは違う視点を提供できると思った場合にはトラックバックを送るようにしている。

それから、批判は何がどういけないかをロジカルに行うべきだと思う。はてなブックマークに関しては、その意味で問題が多いと思う。ブックマークされるだけならまだしも、短いコメントがつけられるので、これが「ロジカルに悪い点を指摘できない」批判になるのだ。

トラックバックをめぐる4つの文化圏

松永さんは、「言及リンク文化圏」、「関連仲間文化圏」、「ごあいさつ文化圏」、「spam文化圏」の4つに分けている。私は最初にかいたとおり、「言及リンク文化圏」。

これはもともと引用で「言及リンク」をするというのが先にあって、トラックバックはそれに対して、「引用/言及しました」ということを相手に伝える機能だと思っているから。言及しているから当然関連のある内容になっている。

で、他の文化圏に対する対応だが、SPAM以外には比較的寛容だと思っている。これはあざらしサラダさん(「△トラックバックとコメントについて」)に近いと思うが、私の方が少し厳しいかもしれない。

・ トラックバックして来たブログが関連のない場合:
いままで消さなかったが、松永さんが補記で書いているが、自分のブログの訪問者に関連のないところに知らずに行くのを避けるため、これから消すようにしたい。最近1つ消したが、その場合相手にお断りコメントを残し、本文中に消したことを記載した。また、関連性のない記事のトラックバックが出来るようにトップにそのための場所を用意している。

・ トラックバックして来たブログに本文への言及がない場合: 関連があるものだったら、消さない。読者に読んでもらう価値があると思う場合には、関連性に関して簡単に示す。トラックバック返しをする場合もある。その場合、自ブログの追記でそこへのリンクを書く。

・トラックバックする際のごあいさつ: する場合もある。というか、する場合が多いかな。コメントが既に多い場合はしない。コメントの内容は、どういう視点で書いたかを示す。

・トラックバックされた場合のごあいさつ: 関連があれば、言及がない場合でも、ごあいさつする場合がある。ただありがとうではなく、相手の意見に関する感想を書く。

ただ、いい加減なので、このポリシーにそって運用できているかというと覚束ないものがありますが。
[PR]
by yoshihiroueda | 2006-01-09 00:11 | カルチャー
バックログ 2005年下半期レビュー
バックログの下半期達成状況: 最初の段階で宿題は22個。追加4。結果 ◯6 (うち3新規) △0 × 20
2005年上期達成状況はこちら

More: 宿題リスト
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-12-31 23:59
いろはカルタ2005年
おはようございます。「...とちり...」が気になります。

毎日新聞大晦日恒例の「いろはカルタ」。全部引用して、関係あることをどれだけ書いたか振り返りに使ってみたいと思います(お片づけの合間に順次更新)。それ以前に何のことを指しているかよくわからないものもありますね。

【い】イエスマン競争
  // 11/02 入閣しない方が...
【ろ】論より参拝
  // 10/01 靖国参拝は公約だったのでは?
【は】阪神ファン怒(ど)
【に】日本減人
  // 何のことだろ? (追記: 人口減のことでしたね。)
【ほ】骨折り損の常任理事国入り
  // 05/08 お金は有効に使おう
【へ】ペンキ日本大使館
  // 04/12 中国を啓蒙する、05/29 愛国無邪気
【と】東証もない
【ち】中流は下流の始まり
【り】リマ遠かったフジモリさん
【ぬ】濡(ぬ)れ手のジェイコム株
【る】ルイジアナ溺水(できすい)ランド
【を】奥様はCIA
【わ】ワールド杯ブラジルの壁
【か】風邪見鶏
【よ】嫁入り姿ドンマーインさん
  // 紀宮さま結婚を契機に書いた感想 → 11/19 女系天皇容認って...
【た】耐震恐度
  // 「きっこのブログ」はずっと読んでたんですけどね。
【れ】0・01%の大連立
【そ】空飛ぶ法王天へ
【つ】次の選挙は落チルドレン?
  // 10/12 衆院選'05雑感(4) タイゾー君を育てよう
【ね】捏造(ねつぞう)イエス(ES)細胞
【な】波乗りそろってマリーンズ
  // 10/17 31年ぶりって...
【ら】楽天あれば苦あり
  // 09/30 初年度黒字にどれだけの意味が... TBS買収のほうかな?
【む】無軌道電車男
  // これ尼崎脱線事故のことかなあ → 評価はメッセージ
【う】宇宙でエンスト
【ゐ】否が広がるEU嫌法
【の】ノーとは言えぬサマワ駐留
【お】仰木は尊しイチローの恩義
【く】口だけ達者なクールグズ
【や】屋根裏床下の詐欺師
【ま】また無視か前文ボツかと大勲位
【け】原油に音上げて油汗
【ふ】深い衝撃4冠ならず
【こ】小泉害交
  // 06/10 「靖国」を外交カードに
【え】えりゃーもんだわ大入り愛知博
  // 03/26 技術が満載!、09/20 歴史の証言者: 万博編
【て】テロまで招致ロンドン五輪
  // 07/07 ロンドン同時テロ - 他人事ではない、07/20 利用される人の命
【あ】厚化粧ばれたカネボウ決算
【さ】30兆円の正夢
【き】橋梁(きょうりょう)跋扈(ばっこ)慣性談合
【ゆ】郵政一本勝ち
  // 08/08 郵政民営化はシナリオ通り?、09/17 衆院選'05雑感(1) がんばれ民主党、他
【め】メディアも踊ったショー選挙区
  // 09/17 衆院選'05雑感(3) 小選挙区制の欠陥か?
【み】未塾講師の恐怖まざまざ
  // 12/14 バイトで塾講師したことがあります
【し】自由・暴動・博愛
【ゑ】えらく尊大な被告人
  // これ誰のことだろ? たくさんいてわからない。松本智津夫?
【ひ】ヒルズ族世にはばかる
【も】もったいない真央、メダルお預け
【せ】石綿の恨みアスベスト
【す】隙(すき)見ング
  // 06/23 顔写真やICが入っても...
【京】京の議定書、対立も冷やせ
  // 02/17 世界の「環境保護」の先生になろう

ああ、宿題(バックログ)の自己採点もしなきゃだわ。

皆様、今年もありがとうございました。

■トラックバック: 今年を振り返って記事を書かれている皆さん
あざらしサラダさん: 2005年を振り返る
ば○こう○ちの納得いかないコーナーさん: 2005年を振り返って
ガ島通信さん: [ひまネタ]激動の2005年を振り返る
Life is beautifulさん: ブログで振り返る私の2005年
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-12-31 09:37 | 息抜き
年末進行につき: 人気エントリーを探すブックマークレット
こんにちは。はりーさんをまねて、便利ツールの普及に貢献しようと思います。

ブログを巡回していたら、Life is beautifulさんに「有名ブログを10分で斜め読みする裏技」という記事がありました。

はてなブックマークを使って、多くブックマークされているものを見つけることができます。

これはいい、と思っていたら、そのコメント欄に、ブックマークレットを使う方法へのリンクが紹介されていました。

fladdict.net/blogさん: 今見ているサイト内で「はてなブックマーク」されてるエントリ一覧を表示するブックマークレット

さらにそれぞれの記事には、改良版の紹介のトラックバックがついているようです。ちょっと比較検討できませんが。

有名ブロガーの記事をこうやってみると面白い。
自分のブログに適用してみると悲しい。

俺が応援しているから泣くな!と言ってくれる人は → 応援クリック!
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-12-23 14:20 | 生活
LOHASは登録商標:続き
こんばんは。エコレンジャーです(ニセモノ... って本物はどれ?)。

先日「LOHASは登録商標」という記事を書いたんですが、その後見ていても、ホワイトバンドのときのような「だまされた」という怒りの声は出てないようですね。私も同様なんですが、「ボクは騙されはしないけどね」という言明でしょうか。

むしろ、ソトコトのマーケティング上の失敗という見方が多い。

「R30::マーケティング社会時評」さんにも引用されていた「実践ビジネス発想法」さんが、「排ガス浄化装置で環境ビジネスを食い物にした三井物産がロハスを手がける説得力」という記事を書かれています。

環境関連ビジネスで世間を欺いた三井物産(+ソトコト)が、
環境への取り組みに力を入れているシャープに対して、
ロハス(LOHAS)の無断使用を警告。

悪い冗談としか思えません。

「ディーゼル商用車に取り付ける排ガス浄化装置の性能データの偽造事件」すっかり忘れていました。事件としては忘れていませんでしたが、三井物産と結びついていなかった。

環境保護をファッションにしているだけで実質環境保護になっていなければ、それをまねするだけの人が増えて、環境保護にとって却って弊害になる。この機にそういう傾向に歯止めがかかるならば、むしろ早めにわかってよかったんじゃないかと思う。

おまけ: fumi_oさんの"@HOME"で知ったtypoGenerator (記事自体は関係ないのでトラックバックしません)。"typo"というとタイプミスの意味で使っているので、LOGO Generatorといったほうがいいんじゃないかなあ。
a0022216_23141616.jpg


もいっちょ。

はりーさんのところで知ったSpell with flickr (これもトラックバックしません)。

(R)eservedRadio City \Hollywood BOWLKAn
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-12-17 23:00 | ビジネス
インターネットマーケティング
こんばんは。「マーケティング」なんてタイトルに入れると、なんか有名ブロガーみたい。"[に]"とかもつけたほうが良かったか。

以前、「みんなソニーが大好き」で紹介した日経BizTech。そのNo. 010で、「30分でわかるインターネットワーケティング」という特集がありました。

インターネットのユーザとして、これまでの経緯はなんとなく把握していたつもりでしたが、佐々木俊尚氏の総論「インターネットがラジオを超えた理由」は、新しい手法がなぜでてきたのかが時系列で分かりやすく書かれていて面白かった。

いまのところ、アフィリエイト、ブログが最新という状態が続いているようですね。これらも少しずつ使い方が洗練されてきているようで、ただ使うだけで効果があがる訳ではないことも書かれています。アフィリエイトというと直販サイトのものではあるのでが、和田亜希子さん(背の高い歌手ではない)は、メーカーも戦略的に活用すべきと説いています。
...有力なアフィリエイターに実機を貸し出し、レビューを書いてもらうのも有効な策だ。... 実機を送るというのはメーカーだからこそできるアフィリエイターの戦略的活用といえるだろう。
...
アフィリエイターを積極的に活用している例にソニーがある。同社は2005年秋に開催した販売特約店向けの新商品説明会に有力アフィリエイターも招き、年末商戦の戦略商品などに関する詳細な情報を公開した。
ということです。

一方、神原弥奈子さんは、効果的なブログの使い方を説明する中で、「裏工作」は裏目に出る、と注意を喚起しています。
... 最近一部で導入が進む手法に、外部のブロガーに自社商品の話題を取り上げてもらい、認知度を高めていくというものがある。これに対して私はかなり懐疑的である。... 見かけ上はブロガーが自発的に商品を取り上げているように見せながら、実際には企業から謝礼が祓われている例は問題があると言わざるを得ない。
...
...読み手がブログの「記事に見せかけた宣伝」というからくりに気づいた場合には、その企業の信頼が低下することにもなりかねない。
ということです。

この日経BizTech No. 010が出たのが11月26日なんですが、ちょうどそのころ、こんなことがあったらしいです。

ガ島通信: [ブログ]ソニーはブログ「炎上」から学ぶことが出来るのか

和田亜希子さんの記事と神原弥奈子さんの記事がここでつながりましたね(アフィリエーターではなくソニーの中の人が書いたブログという見方がされているようですが)。実はGoogleキャッシュに残っているコメントの中には、
なんだかんだでみんなここにいるみんなもれなくソニーが好きなのでした。
なんてのもありました。前振りに使った「みんなソニーが大好き」もつながりました。

そうそう、以前書いた「ネットのお祭り」にもつながりますね。ここで、私は、
犯罪または犯罪的な行為をブログに書くのはさけた方が良いですね。
と書きました。ソニーの例は、これらの例とするのはちょっと酷だと思います。そこまでいかなくとも非難の対象となるという意味では、ブログを書く姿勢はより慎重であること、というよりも人と人のコミュニケーションということを常に念頭に置いた書き方を心がける必要があるでしょう。

実はまだ終わりではない。神原弥奈子さんの記事では、あるアパレルメーカー(実際は女性下着メーカー)の社長が、ある小説を愛読しているということをブログに書いたところ、この小説が女性蔑視と批判されているものであったため、コメントが殺到してブログ閉鎖に至った事例に言及されていました。そこまで慎重にならないといけないのだろうか。そこまで気にしていると何も書けなくなってしまいそうです。

追記: 関連のない下記トラックバック削除しました。炎上しても集客があるほうが良いという宣言かなあ。そちらに書いた私のアドバイスコメントも削除されてましたよ。
マーケッターのおしごとっぷり「ネット時代の販売促進」
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-12-07 02:21 | ビジネス
ボクだって男の子バトン
こんばんは。七転バトンです(なにそれ)。

104hitoさんからのご指名で「ボクだって男の子バトン」を受けることになりました。

では早速。期待しないように。

■ブリーフ派? トランクス派?
104hitoさんが、「パンツ派? スカート派?」を「ブリーフ派? トランクス派?」に置き換えたので、私もそれを継承します。
以前はブリーフ派だったんですが、2~3年前から、トランクス派。理由は聞くな。

■これを書いてる今、どんな格好してる?
104hitoさんは、ベージュのチノパンに水色のオックスフォード・ボタンダウンにジャンパーでした。
私も似たような格好ですね。チノパンみたいなんだけど、ユニクロのドライテックという素材。上はボタンダウンの下に薄手の丸首セーターを着ています。

■どんな服が好き?
だらしない、ってみえないようにするくらいかな。一方、すこし崩すのも好き。ネクタイを締めても上着はダウンとか。

■好きなブランドは?
あまりこだわらないですが、安くて品質の良いものがいいですね。という訳でユニクロ製品は多いです。ブランドと言えばスポーツブランドは好きかな。アディダスとかナイキとか。

■メイクのこだわりは?
原型を残さないようにすること(ウソ)。
電車の中でメイクしないこと。

■よく読むファッション誌は
ないなー。最近買ったのはREAL SIMPLE JAPAN。これファッション誌?

■この夏はどんな水着だった
スポーツクラブのプールしか行かないんですが、いかにも、って感じが嫌いなので、競泳用パンツははきません。サーフパンツみたいなのであまりぶかぶかでないもの、が好みなんですが、なかなか見つからず、しばらく買い替えていません。

■お気に入りの靴をレビューして
ハッシュパピーの靴ははきやすくてよいですよ。今はもってないけど。

■チャレンジしてみたい髪型は
K市オフに参加するため、アフロ(ウソ)。
アンガールズ山根(ってこれもネタ。竹山だろうってツッコミは禁止)。

■センスがいいと思う有名人は
昔石田純一が、細い方が前になるようにネクタイを締めてた。かっこいい人はなにをやってもかっこいいんだな、と思いました。今は石田純一のことをかっこいいなんていったら笑われるけどね。

■帽子はよくかぶる?
比較的よくかぶる方かな。おしゃれというのではなくて。

■イチオシのおしゃれ小物を1つ紹介して
うーん、ないなー。ホワイトバンド、なんてね。つけてないけど。

■バトンを回す人
104hitoさんにならって
ここに置いときますんで、「オレ様だって!」と思う人、どうぞ!
(といいながら私は指名されたんですが...)

どうでしょ。やっぱり面白いものにならなかったと思うのですが... もっとキテレツなかっこしないとだめかな。
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-12-04 03:19 | 息抜き
虐待弁当って何だ?
こんばんは。山田太郎です(ウソ)。

Webを見ていたら、ブログ検索NAMAANというのの広告が目についた。テクノラティなどと競争して勝てる特徴があるのかなと思いながら訪問してみた。

さっぱりした画面。検索エリアと"hot keywords"しかない。
(紹介文に「NAMAANはブログ専門のブログ検索エンジンです。」とあってツッコミどころではあるけれど)

"hot keywords"もRSSがついているのが特徴なのかなー、でもあまりうれしくないような、と思っていたら、そこに
"虐待弁当"
というキーワードが。

なんじゃこれ、日の丸弁当でもはやっているのかと思いつつ、クリック。
どうもここのようですよ。
★彡高3次男へ虐待弁当?キャラ弁★彡
いやー、びっくり。幼稚園弁当で手のかかったものはこれまでよく見て来たけれど、高3男子のお弁当でこういうのははじめて。これは確かに虐待といえるかも。

説明のページには、
★キャラ弁の食べ方・次男坊からの伝授★
周囲に見られたくないから「急いでかっ込んで食べるサ」
だそうですよ。

時間かけて作って、まともに鑑賞もされずに食べられちゃうのは悲しいものがある
と思ったけど、お母さん楽しそうだからいいか。

パラワン族の子供たちに食べさせてやりたい、という方は → 今日もクリック
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-11-29 00:01 | 息抜き
ネットのお祭り
こんばんは。東京ドドンパ娘です(ウソ)。

ハリーさんも紹介されているこのサイト
日刊エキブロ新聞
早速私もリンクさせてもらいました。これでエキブロで開催されているお祭りがわかるぞ、ってあんまり積極的に参加する元気とか時間とかないのですけどね。ときどきいつもと違う文体で書いている人がいても、その背景が分かるようになります。

ベクトルは正反対なんですが、ネットでお祭りというとこういうのもありますよね。
ブログで自滅する人々(第1回)〜ブログで「祭られる」人々 (デジタルARENA 2005/11/02)
以前2chをよく見ていた時期でさえ、「祭り」に気がつかないことが多かったのですが、ブログを始めてからはますます遠い存在になっていました。

しかし、最近ときどきテクノラティを使うのですが、「今、最も検索されている話題」に聞き慣れない言葉や人名が必ずといっていいほど含まれています。そのまま検索するとわかるのですが、「祭り」に関係しているものなんですね。上記デジタルARENAの記事には、実名こそ示していませんが、最近の「祭り」からとられたものが使われています。

本人は武勇伝のつもりかもしれませんが、犯罪または犯罪的な行為をブログに書くのはさけた方が良いですね。犯罪的な行為を書いた記事が晒されたら場合に備えて、個人情報を載せるのも控えておいた方が良いでしょう(だからその前に犯罪または犯罪的な行為するなって)。

この記事を書くためにテクノラティを見てみたら、"google"って単語が2位になっていましたよ。"google"で調べてもなんか話題が見つかるだろうか、と思ってその部分をクリックしてみました(その単語で検索される)が、やっぱりあまり話題が特定されませんね。

でもその中で、 Googleパーソナライズド ホームに言及したものがありました。Googleホームページの右上にリンクがありました。My Yahoo!みたいな自分専用ポータルが作れるようですよ。
a0022216_10305186.gif

↑よくコメントをくれる人に敬意を表して

ただGoogleに頼りすぎると心配ですけどね。メールもブックマークも検索履歴も全部集めることで、その気になれば個人の行動からひととなりまで全部分析できるようになりますので。

話がおおきくそれてしまいましたね。お祭りにもどしましょう。

ここをクリックするとお祭りに参加できます。
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-11-05 03:07 | カルチャー
文体の統一
こんばんは。 本多 勝一です(ウソ)。

先日、"Web Designing" 2005/6月号 特集「伝えたいこと、きちんと伝えるために - 人を惹きつけるWebライティング」の感想を書くことを予告しました。 「書く前に構想を練る」とか、「わかりやすくするための工夫」など当たり前のことも多かったのですが、「ななめよみ」などWebに特有な行動に合わせた書き方等参考になるものもありました。

といいながら、今日は、当たり前の書き方のほうの話題です。

「表記の揺れを取る」という項では、「文体(です・ます調、である調)の揺れは非常に目立つ。」とありました。これまで、このことには触れていませんでしたが、ここでは、「である」調と「ですます」調を混在させて使って来ました。わざとです。規範にあっていないので、許せないという方もおられるかもしれません。

「わざと」というのは、「意図をもって」ということです。ここで、どういう使い分けをしているのか、まとめておきたいと思います。

まず、「ですます」調と「である」調の基本的な使い分けですが、

ですます調: 語りかけ、説明、説得、依頼
   -- 共感を求めたい意見の表明や提案、レクチャーみたいなもの用

である調: 事実の記載、独白
   -- 書評のように好みの表明、共感を求めていない意見

というように分けています。最近はですます調が多いようですね。

では混在させている意図を説明します。

ですます調の中にである調:
・自分の意見を述べている中で、事実の記載であることを示すため。箇条書き等。
   -- これは通常の用法です。
・説明の中で独り言を言っていることを示すため。
・リズムを重視して意見の内容を外に出したもの。
   -- 説明が難しいな。例えば、 
      XXXするべきだと思います。そしてそのことによりYYYし、ZZZにつなげる。
      というように実は「つなげる」のあとにも「思います」をおくべきなのですが、
      そうすると、「思います」ばっかりになっちゃうので。

である調の中でですます調を使っている場合:
・事実、独白の中で依頼事項がある場合。
   -- 例えば、「(個人を批判している訳ではないことにご注意下さい)」、
      「ここつっこみどころですから」とか

というような感じでしょうか。基本的には「モードを変える」ということを意図しています。

もちろんきっちりした規則ではないので、揺れもあります。誤字脱字も(後日うちの校正の達人の紹介をしたいと思います)。暴走も。マジで知らないのかボケなのかいまいち判断不能な文も。

こんな私ですが、5月25日で開設一周年になります。すみません、5月25日のタイムスタンプをつけたくて、途中で出してしまいましたが、rakurakuonsenさんに先に指摘されてしまいました。ご指摘の通り、この話題は自分らしいかなと思って選びました。

一年間みなさんのブログを読ませていただき勉強になりました。コメント、トラックバックもありがとうございます。また、自分のブログを書くためにも、仕入れと称して雑誌や新書をより多く読むようになりました。というより書くためにという意識が読む姿勢を変えたと思います。

なんかおしまいみたいな書き方ですね。冷めた訳でも、飽きた訳でもありませんし、「ブログは終わった」というつもり もありません。今後も「にぶいペース」で続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。
[PR]
by yoshihiroueda | 2005-05-25 23:42 | 言語とコミュニケーション