見つめてください
こんばんは。策士です(ウソ)。

米国在住のVioletさんから送られてきた画像です。+の部分を見つめてください。
a0022216_2339823.gif


以前の錯視 → ホントに同じ濃さ?



どう見える? → 普通の人にはこう見える。

最初 → ピンクのドットがひとつだけかけているところがあり、それが移動していく(回る)。
+を見つめていると → この欠けているところが緑のドットに見え、緑のドットが回転しているように見える。
さらに+を見つめていると → ピンクのドットが全て消え、緑のドットだけが回転しているようにみえる。

以下は最初のメールについていた英語のメッセージ
If your eyes follow the movement of the rotating pink dot, you will only see one color, pink.

If you stare at the black + in the center, the moving dot turns to green.

Now concentrate on the black + in the center of the picture. After a short period of time, all the pink dots will slowly disappear, and you will only see a green dot rotating.

It's amazing how our brain works. There really is no green dot, and the pink ones really don't disappear. This should be proof enough, we don't always see what we think we see.
自分が見ていると思っているものを常に見ているとは限らない。... 見たいものしか見ていないって訳ですね(そこまで言ってないって)。

追加トラックバック: 次はこちらもみつめてください。 → 残像 (SOFIA_SSさん)
[PR]
by yoshihiroueda | 2006-05-20 23:40 | 息抜き | Comments(26)
Commented by 104hito at 2006-05-21 00:00
??
ボク、乱視が入ってるからかなぁ
なにも変わらないんですけど・・・
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-21 00:42
★104hitoさん、
背後霊見えませんか?
Commented by 104hito at 2006-05-21 00:54
●動きを追うとピンクだけ
●真ん中のプラスを見つめると緑
●そのままプラスを見続けるピンクが消える
Commented by HarryBlog at 2006-05-21 07:04
ところでスキン壊れてませんか?
それともこういうデザイン? 何がどこやら…
Commented by HarryBlog at 2006-05-21 07:16
コメントの場所もよく分からなかったんで、関係無いところへ書いてごめん。
WinXP + Firefox1.5 だとこんな↓風に見えます。
http://www10.plala.or.jp/harrysendai/temp/ryokan.png
Commented by colortail at 2006-05-21 07:37
あぁ・・・・出てきますねーーー。色違いさんが・・・・・・。
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-21 07:50
★104hitoさん、
ねっ、びっくりするでしょ。
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-21 07:53
★ハリーさん、
ご指摘ありがとうございました。Safariでは問題なく見えていたので、気がつきませんでした。
... 問題なく見てていた、ってのは間違いで、修正してリロードすると違いが分かりましたよ。
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-21 07:55
★からーさん、
ピンクが消えるところまで見てたかな?
Commented by nsudou at 2006-05-21 08:54
どうして?不思議不思議。
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-22 07:31
★nsudouさん、
人間の脳に必要なのメカニズムなんでしょうね、たぶん。
ところで昨日は結婚式だったんですね。ここで言っても仕方ないですが、おめでとうございます。
Commented by raphie at 2006-05-22 08:20
うわー。追いかけてるのが緑になって、ふっと視線をそらすと
緑セットが一瞬だぶりますねー。

ところで、こちらはF-22Aなのですねん^^。
Commented by 104hito at 2006-05-22 13:21
ボクの飛行機が挟まれてるってのが・・・^^;
Commented by sabretoothjapan at 2006-05-23 19:57
あ、これは頭では納得行きますね。部屋の中で何かを凝視したまま電気を消すと、それまで見ていたものの残像が白黒反転して見えたりしますよね。多分色がついた物でそれが起きると、赤の反対だから、緑が見えるのでは?
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-23 22:45
★raphieさん、
一瞬視線がずれるときの感覚もちょっと変な感じですよね。
包囲網を作るためにあと2〜3機参加がほしいところです。
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-23 22:47
★hitoさん、
本当は挟むのではなくて、ぐるっと包囲する感じにしたいです。あと2〜3機...
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-23 22:51
★せばさん、
補色っていうのはキーなんでしょうね。あとは眼がそれになれて、それがあることが標準になるんでしょうね。それがなくなると、ほんとうは1 → 0だったのが、0 → -1になったように感じる、ということかな。
Commented by crazy_mam at 2006-05-25 12:33
こんにちは。初めてお伺いいたします。クレマムと申します。
これはおもしろいですねー。
確かに乱視が入っていて左右の目の見え方が違うとあまりうまくいかないようです。
コンタクト入れてみたらずっとはっきりとした現象に。
私の場合、緑の輪が回るとこまではいきますが、ピンクが消えるには至りませんでした。ピンクの輪に緑の輪がいくつも重なったり移動したりしながら見える。
とにかく不思議です。
Commented by news_writer at 2006-05-25 12:59
日刊エキブロ新聞(http://exblognews.exblog.jp/)です。こちらの記事を5/25号に掲載させていただきました。何か不都合等がございましたら、当該記事のコメント欄にてお知らせください。
速やかに対応させていただきます。どうぞよろしくお願い致します。(記者:crazy_mam)
Commented by bucmacoto at 2006-05-25 20:24
面白~~~い ♪♪♪
補色錯視 → (正補)相殺 という経路を上手に使ったのですね。
視点の移動や、瞬きでリセットされますね。
これ、注視維持力のテストにも使えそう > 私の息子あたり ヤバイかも ^^;

エキブロ新聞からの飛び込みでしたぁ。
Commented by earll73 at 2006-05-26 00:04
おー、その通りに見えました。
何段階か違ったように見えるのは焦点の違いから変わって見えるんですかね?
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-26 00:46
★クレマムさん(=日刊エキブロ新聞記者さん)、いらっしゃいませ。
PCの画面によっても変わってくるようですね。なかなか消えなかったり、比較的はやく消えたり。また、ピンク消えっぱなしの状態を保つのも難儀です。
エキブロ新聞で採用いただきありがとうございました。
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-26 01:03
★bucmacotoさん、
専門的には「補色錯視」、「(正補)相殺」というのですね。なかなか相殺を維持するのたいへんですよね。
Commented by yoshihiroueda at 2006-05-26 01:05
★バントさん、
何段階か違って見えますか。一個ずつ消えていくだけのように思っていましたが、ちゃんと見ると途中段階を踏んでいるのかもしれません。
Commented by bucmacoto at 2006-06-11 17:46
ごめんなさい m(_ _)m 専門用語じゃないのです > 補色錯視,(正補)相殺
前者はときどき目にした言葉ですが,後者は造語です ^^;
他に補色残像現象という言い方もあるようですが、↓これ見るとちょい違うのかもしれませんね。
http://misdirection.oops.jp/blog/archives/2005_04.html#000124
Commented by yoshihiroueda at 2006-06-11 20:33
★bucmacotoさん、
なるほど、専門的な定義とは違うのかもしれませんが、よくメカニズムを表現している言葉だと思いました。
<< iPodでエクササイズ 世界前哨戦最終章って >>